中東

UAEの強豪アル・アインへの移籍が決まった塩谷司

無名の大学生からアジア屈指の強豪クラブへ。UAE移籍、塩谷司のサクセスストーリー

昨夏のリオデジャネイロ五輪にオーバーエイジ枠で出場した、サンフレッチェ広島のDF塩谷司がUAE(アラブ首長国連邦)の強豪アル・アインへ完全移籍することが決まった。J2の水戸ホーリーホックからはいあがるサクセスストーリーを描いてきた苦労人は、日本人には馴染みの薄い中東の地でプレーする「海外組」として心技体でさらなる成長を果たし、29歳で迎える来年のワールドカップ・ロシア大会の舞台に立つ夢をかなえる。(取材・文:藤江直人)

201706161_qatar_getty

“カタール断交問題”、サッカー界への余波。どうなるPSG? 2022年W杯開催は?

サウジアラビアやUAEなどの中東諸国がカタールとの国交を断絶すると発表した。カタールは2022年W杯の開催国になることが決まっているが、この政治的事件はサッカー界に何か影響を及ぼすのだろうか。また、影響があるとすればどのようなことが考えられるだろうか。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

イメージ写真審判

「中東の笛」「中東戦術」は差別表現なのか? 差別なくすためにサッカー界からできること

過激なヘイトスピーチ(差別煽動)が後を絶たない。これらを減らし、なくすためにサッカー界は何ができるだろうか。確かなことは、差別についての知識を個々人が身につけることだ。反レイシズム情報センターの梁英聖代表に、差別に関する一般論から、サッカーでよく使われる「中東の笛」や「中東戦術」といった具体例に至るまで、話を聞いた。(取材・文:植田路生)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top