林彰洋

1003jleague_daihyo_getty

日本代表メンバーに推薦したい5人のJリーガー。10月のアジア2次予選で見てみたい実力者たち 【編集部フォーカス】

10月のカタールワールドカップアジア2次予選に臨む日本代表メンバーが3日に発表される。9月に行われた2試合では、23名のうち4名に留まった国内組だが、今回はどのようなメンバーが名を連ねるのか。フットボールチャンネル編集部では、Jリーグで活躍する選手の中から日本代表に推薦したい5人をピックアップした。

20190815_joy_ebisawa

タレント・JOYが選ぶ現役Jリーガー最強イレブン! 芸能界屈指のサッカー愛好家、理想のチームは?【編集部フォーカス】

芸能界屈指のサッカー好きとして知られるタレントのJOYさんが、Jリーグのなかから最強イレブンを選出! システムは4-3-3を採用。いったい誰が選ばれているのか!(選定:JOY、取材・構成:小澤祐作)

FC東京

首位・FC東京、なぜこんなにも強いのか? 主力選手らが語る要因、着実に進む優勝への道

明治安田生命J1リーグ第22節、FC東京対ベガルタ仙台戦が10日に行われ、ホームのFC東京が1-0で勝利。整備された組織力が持ち味の両チームらしく堅い試合となったが、わずかなほころびを見逃さずFC東京が後半17分にPKで先制すると、そのまま逃げ切った。酷暑の中、会心の内容でなくても結果につなげ、昨年から公式戦7戦勝ちなし(1分け6敗)の天敵も打ち破る、首位チームの勝負強さの秘密とは。(取材・文:下河原基弘)

東口順昭

ゴールキックが面白くなる。競技規則改正で戦術に変化も…Jリーグはどう生かす?

明治安田生命Jリーグでは8月から2019/20シーズンに向けた新競技規則が導入された。今年のルール改正は、サッカーの戦術にも大きく影響しそうなものばかり。その中でもゴールキックは勝つために重要な手段、戦術の一部として活用されていくかもしれない。(取材・文:舩木渉)

0714tokyo_hasegawa

FC東京が抱く自信の理由。昨季失速の原因を糧に…長谷川健太監督が描く後半戦のプラン【英国人の視点】

明治安田生命J1リーグは第18節が終了した時点で、FC東京が首位を走っている。昨季のFC東京は前半戦を2位で折り返したものの、後半に失速。しかし、チームは昨季の失速の原因をつきとめ、それを成長の糧にしているようだ。初のJ1優勝を狙うチームが考える、今後の戦いにおける鍵はどこにあるのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

林彰洋

FC東京GK林彰洋は、なぜ32歳にして全盛期を迎えたのか?「ぼくもキライでしたからね、GKが(笑)」【インタビュー後編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は後編。(文:後藤勝)

林彰洋

FC東京の最強GK林彰洋は、いかにして新境地にたどり着いたのか?「“日本流”にシフトしただけ」【インタビュー前編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は前編。(文:後藤勝)

190514_3_getty

久保建英の“あの一撃”をひも解く。怖さ知る男の証言、17歳の何が「チームで一番」なのか

明治安田生命J1リーグ第11節、FC東京対ジュビロ磐田が12日に行われ、ホームのFC東京が1―0で勝利し首位をキープした。磐田の守備に苦しんだが、後半39分にMF久保建英がペナルティーエリア内の浮き球を、難易度の高いボレーシュートでゴールに突き刺した。森保一監督が日本代表への招集も示唆する、若き天才が見せた才能あふれる一撃を、両チームの守護神や長谷川健太監督の言葉からひも解く。(取材・文:下河原基弘)

FC東京

J最強の守備、FC東京。鉄壁の理由に迫る。ワールドクラスをも封じる“鬼に金棒”完璧な守り

明治安田生命J1リーグ第4節が17日に行われ、ホームの2位・FC東京が1位・名古屋グランパスに1-0で勝利して4年ぶりの首位に浮上した。元ブラジル代表のFWジョーを中心に快進撃を続けていた名古屋をシャットアウトした東京。第1節で圧倒的な攻撃力の川崎フロンターレ、第3節でFWフェルナンド・トーレス擁するサガン鳥栖を完封したのに続き、今季4戦で早くも3回目の無失点試合となった。昨季J王者を、そしてワールドクラスのストライカーをも封じる鉄壁の守備の理由に迫る。(取材・文:下河原基弘)

180303_tokyo_getty

開幕2戦未勝利も・・・。FC東京が示した進歩の跡、歓喜への近道は『継続性』

明治安田生命J1リーグ第2節が3日に行われ、FC東京は味の素スタジアムでベガルタ仙台と対戦し0-1で敗れた。チャンスを作ったホームチームだが、今季初勝利は次節以降に持ち越しとなった。今は我慢の時なのかもしれない。(取材・文:青木務)

180223_hayashi_getty

FC東京、開幕戦で挑む鬼門・浦和戦。守護神・林彰洋が語る2018年の手応え

明治安田生命J1リーグ第1節が24日に行われる。FC東京は開幕戦で浦和レッズと激突。味スタでは何年も勝てていない相手に対し、青赤はどのような戦いを見せるのだろうか。巻き返しを図る今季の行方を占う意味でも、重要な一戦となる。(取材・文:青木務)

日本代表

タイ戦、ホームで必須の勝ち点3奪取。3月シリーズ連勝【どこよりも早い採点】

3月28日、日本対タイの一戦が行われ4-0で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top