香川、内田、山田大記に高評価。独紙『キッカー』によるブンデス採点

敗戦もチーム最高タイの評価を与えられたDF内田篤人【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ1部、2部の第21節が現地時間13日から15日にかけて開催され、16日発売のドイツ紙『キッカー』は全チームの採点を掲載した。日本人ではMF香川真司、DF内田篤人が高評価を得ているほか、DF酒井高徳がブンデスリーガ初ゴールを決めている。また、2部ではMF山田大記が再開後から高評価を連続して与えられている。

 主な日本人選手の採点は以下の通り。

<ブンデスリーガ1部>
MF細貝萌(評価無し):64分から出場。チームは残留争いの直接対決で敗れる。

FW原口元気(評価無し):ベンチ外。監督交代で正念場。

MF長谷部誠(3.0):先発フル出場。あわやPK獲得というシーンも。チーム内3番目タイの評価。次節は累積警告で出場停止。

MF乾貴士(評価無し):ベンチ入りも出番なし。

DF内田篤人(2.5):先発フル出場。無得点で再開後初黒星もチーム最高タイの評価。

FW大迫勇也(4.5):77分まで出場。久々の先発も無得点で敗れチームで2番目に低い評価

MF長澤和輝(評価無し):86分から出場。

FW岡崎慎司(4.0):82分まで出場。先制点に絡むもチームは敗戦。 評価はチーム内で平均的。

MF香川真司(2.5):78分まで出場。チームは連勝で惜しいシュートを放つなど3番目の評価。

DF酒井高徳(3.0):先発フル出場。ブンデス初ゴールとなる同点弾を記録。チーム2番目タイの評価。

MF清武弘嗣(4.5):先発フル出場。チームは逆転負けを喫し、チーム内評価は2番目に低い。

DF酒井宏樹(評価無し):ベンチ入りも出番なし。

<ブンデスリーガ2部>
MF山田大記(2.5):先発フル出場。チーム最高評価タイ。

MF田坂祐介(評価無し):足首負傷ため欠場。

※『キッカー』は「6」が最低点で「1」が最高点となっている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top