日本代表の弱点の1つ、セットプレー。中村俊輔らワールドクラス不在の中で解決策は?【日本代表練習レポート】

オーストリアのゼーフェルトで合宿中の日本代表は現地時間5日、練習を行った。強烈な日差しが照り付ける中、選手たちがグラウンドに集合すると、西野朗監督は身振り手振りで指示を出した。そして、ウォーミングアップを兼ねたメニューを消化した選手たちは、セットプレーの練習に移っていった。(取材:元川悦子【ゼーフェルト】、文・構成:編集部)

2018年06月06日(Wed)10時50分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

セットプレーは西野Jの得点源となるか

180605_nishino_getty
西野朗監督率いる日本代表がセットプレーの練習を行った【写真:Getty Images】

 西野ジャパンはこの日、セットプレーの練習に多くの時間を割いている。ワールドカップでは守備に回る時間が長くなると予想され、セットプレーをチームの得点源としたいところだ。

 キッカーを務めたのは本田圭佑、宇佐美貴史、大島僚太、乾貴士、香川真司、柴崎岳の6人。そして、彼らが供給したボールを吉田麻也、大迫勇也といった強さのある選手たちが合わせ、岡崎慎司も得意とする打点の高いヘッドが戻った印象だった。

 止まったボールを蹴れるということで、優秀なキッカーがいればそれだけゴールの可能性は高くなる。もちろんボックス内の選手の強さや高さ、駆け引きの巧さも大事な要素だが、質の高いボールが供給されなければネットを揺らすことはできない。

 かつての日本代表には、中村俊輔や遠藤保仁といったワールドクラスのキッカーがいた。彼らが繰り出すボールに吸い寄せられるように、味方は何の迷いもなく走りこむことができた。重要な局面でこそ輝くキッカーがいてこそ掴んだ勝利も多かった。

 西野ジャパンにもキックの巧い選手はいる。前述の6人はキッカーの候補だろう。最近では3月の欧州遠征で、柴崎がFKから槙野智章のヘディングゴールを演出している。ワールドカップ初戦までテストマッチは残り2試合。日々の練習を含めてアシストという成功体験を増やしたいところだ。

 とはいえ、セットプレーを獲得しないことには何も始まらない。劣勢の展開で、少ない攻撃機会で相手を困らせるプレーをしなければ、FKもCKも得ることはできない。アタッカー陣には、相手がファウルで止めざるを得ないような果敢な仕掛けを見せる必要がある。言うまでもないが、ファウルを受けずにそのまま得点できればそれがベストである。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督は、セットプレーからの得点の少なさを嘆いたことがあった。西野ジャパンは、過去の日本代表が持っていた武器を取り戻すことができるだろうか。

(取材:元川悦子【ゼーフェルト】、文・構成:編集部)

【了】

ハリル
ハリル氏「最悪の悪夢」。日本代表監督解任にショック隠せず
ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表前監督は27日、都内で記者会見を行った。
ハリル
ハリル氏、香川と本田に言及? W杯出場決めた豪州戦で出番なしに「2人の選手ががっかりしていた」
ロシアワールドカップ・アジア最終予選について語り始めたハリルホジッチ氏。オーストラリアに勝利し、本大会の出場権を獲得したハリルジャパン。この試合の後について同氏はこう話している。
ハリル
ハリル氏、槙野智章からのメッセージを明かす『JFAの決定に落胆』『コミュニケーションに問題なかった』
『選手たちとの信頼関係の薄れ』が解任の一因となったが、これについてハリルホジッチ氏は疑問を口にした。
ハリル
ハリルホジッチ解任記事まとめ
日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任を発表した。これを受け、報じられたハリル氏や選手の反応をまとめた。

[block]9[/block]日本代表の記事をもっと読む

 

新着記事

↑top