FC東京、5年間の歴代フォーメーション。久保建英が半年で残したインパクトと手の届かないタイトル

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっている。今回、フットボールチャンネルでは、FC東京の過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

2020年03月20日(Fri)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

強固なディフェンス(2015年)

0320fctokyo15
FC東京、2015年の基本フォーメーション(黄色は新加入選手)

【シーズン成績】
明治安田生命J1リーグ:4位(1st:2位/2nd:6位)
ヤマザキナビスコカップ:準々決勝敗退
天皇杯:準々決勝敗退


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2014年に就任したマッシモ・フィッカデンティ監督が、このシーズンでも指揮を執った。武藤嘉紀に次ぐ11得点を挙げたエドゥーが退団したが、ジュビロ磐田から前田遼一を獲得している。

 ガンバ大阪との開幕戦は試合終了間際の武藤のゴールで同点に追いつき、5戦無敗で首位に立った。その後も4連勝などで首位争いを演じたが、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、名古屋グランパスを相手に3連敗。1stステージは無敗だった浦和に6ポイントを離され、2位という結果だった。

 前半戦で10得点を挙げた武藤はマインツへの移籍が決まり、1stステージ終了後にチームを離れた。クラブはネイサン・バーンズら3人の外国籍選手アタッカーを獲得したが、いずれもエースの穴を埋める活躍とはならなかった。

 湘南ベルマーレへの期限付き移籍から復帰した丸山佑市は飛躍のシーズンを過ごした。7月25日の鹿島戦でこのシーズン2度目となる先発の機会を掴むと、以降のリーグ戦全試合にフル出場。9月と11月にはFIFAワールドカップアジア2次予選を戦う日本代表メンバーに選出されている。

 ヤマザキナビスコカップでは、3勝3分の首位でグループステージを通過。鹿島戦はホームで引き分けたが、アウェイでは0-3で敗れて準々決勝敗退となった。天皇杯ではサンフレッチェ広島に先制したが、85分に追いつかれて延長戦の末に逆転負け。こちらもベスト8で姿を消した。

 塩田仁史の退団により背番号1を受け継いだ権田修一は、オーバートレーニング症候群を発症していたことが8月に判明した。アタランタでプレーしていたブラダ・アブラモフを急きょ獲得。緊急事態に陥ったが、チームは2ndステージ8試合でクリーンシートをマークするなど、リーグ2位の15失点という強固な守備を構築した。2ndステージは6位に終わったものの、クラブ史上最多となる年間勝ち点63を記録している。

▽GK
権田修一

▽DF
徳永悠平
森重真人
丸山祐市
太田宏介

▽MF
梶山陽平
高橋秀人
米本拓司
河野広貴

▽FW
前田遼一
武藤嘉紀

1 2 3 4 5

新着記事

↑top