浦和レッズ、歴代ガッカリ外国籍選手5人。エジムンド、イリッチ…秘密兵器のまま終わった助っ人たち

1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、浦和レッズで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。

2020年05月11日(Mon)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

中盤の要になるはずが…

Urawareds_2001
2001年1stステージ第4節:横浜F・マリノス戦の先発メンバー

ドニゼッチ(元ブラジル代表)

生年月日:1968年2月21日(52歳)
在籍期間:2001年
J1通算成績:7試合出場/0得点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブラジル全国選手権1部の強豪クラブを渡り歩き、グレミオ時代の1990年から1991年やクルゼイロ時代の2000年などにブラジル代表招集経験もあるセントラルMF。来日時点で30代に突入していたが、J1復帰初年度の浦和では中盤の守備の要を担うと期待された。

 しかし、リーグ戦開幕直前に負傷。J1第4節の横浜F・マリノス戦で初先発を飾ったものの、その後も負傷続きでまともに稼働できず、わずか7試合の出場で2001年7月に浦和との契約を解除してブラジルへ帰国した。

 浦和退団後はブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマでプレーしたが、ほとんど試合には出場できず。2003年1月にペルーのスポルティング・クリスタルへ移籍し、その年限りで現役を引退した。

●2001年1stステージ第4節:横浜F・マリノス戦の先発メンバー

▽GK
西部洋平

▽DF
山田暢久
井原正巳
西野努
内舘秀樹

▽MF
石井俊也
阿部敏之
ドニゼッチ
小野伸二

▽FW
アドリアーノ
トゥット

1 2 3 4 5

新着記事

↑top