J2移籍まとめ(3)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

Jリーグの各クラブは2月下旬の開幕に向けて、準備を進めている。新たに加入する選手もいれば、古巣に別れを告げて新たなチームへと移籍する選手もいる。今回フットボールチャンネルでは、新天地で新たなシーズンを迎えるJ2の注目選手を複数回にわたって紹介していく。

2021年01月27日(Wed)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ポポヴィッチ監督の愛弟子

長谷川アーリアジャスール
【写真:Getty Images】

MF:長谷川アーリアジャスール(はせがわ・あーりあじゃすーる)
生年月日:1988年10月29日(32歳)
2020リーグ戦成績:0試合出場/0得点0アシスト
所属クラブ:名古屋グランパス→FC町田ゼルビア


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2018年に大宮アルディージャから名古屋グランパスへ移籍し、2019年はリーグ戦30試合に出場した。しかし、2020年はシーズン開幕前の1月に右脛骨を骨折してしまい長期離脱。プロキャリアで初めて公式戦出場ゼロに終わった。

 新シーズンはJ2のFC町田ゼルビアに活躍の場を移す。指揮をとるのは長谷川にとって恩師でもあるランコ・ポポヴィッチ監督だ。2人はFC東京やセレッソ大阪、スペイン2部のレアル・サラゴサでもともに仕事をした経験があり、同じクラブに在籍するのは4度目になる。

 相思相愛の師弟関係はJ1昇格を目指すクラブに何をもたらすだろうか。中盤から前のポジションをどこでも器用にこなすベテランは、コンディションさえ万全であればJ2でも屈指のクオリティを発揮してくれるはずだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top