Jリーグ移籍まとめ(1)。夏に新天地を求めた選手を紹介、今回はこの5人

2021年08月20日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

明治安田生命Jリーグは後半戦に差し掛かり、各クラブは後半戦にスパートをかけるべく戦力補強を行っている。そこで今回は、7月以降にJクラブに加入した注目選手を5人紹介する(成績は前所属クラブでのもの)。

異色の経歴で浦和に来た大型FW

20210819.木下康介Getty
【写真:Getty Images】

FW:木下康介(きのした・こうすけ/背番号16)
生年月日:1994年10月3日(26歳)
2021リーグ戦成績:10試合1得点0アシスト
所属クラブ:エリテセリエン(ノルウェー1部)→浦和レッズ


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季からリカルド・ロドリゲス監督が指揮を執る浦和レッズに、新たなFWが加わった。190cmという恵まれた体格を持つ木下康介は、上位争いに食い込みたい浦和にとっては切り札となりうる存在だ。

 その経歴は異色だ。横浜FCユースに所属していたが、トップチームを経ずにドイツに渡った。当時4部だったフライブルクのセカンドチームとホンブルクでプレーし、ハルムスタッズ(スウェーデン)、シント=トロイデン(ベルギー)、スターベクIF(ノルウェー)でプレー。ハルムスタッズに所属した2018シーズンは、スウェーデン2部リーグで13得点を挙げている。

 打点の高いヘディングは魅力で、Jリーグでは脅威になるだろう。得点源になるのは高さだけではなく、低いクロスに対してゴール前に顔を出す動きもうまい。4月に加入したキャスパー・ユンカーは既にJ1リーグで7得点を挙げているが、残りのシーズンを戦い抜くうえで戦力の厚みは必要。木下が特長を発揮することができれば、浦和の攻撃に新たな武器が加わることとなる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top