最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。最高84億円の世界的MF、唯一入った日本人とは…【2021最新版】

2021年12月02日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いJリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

10位:元Jリーグ得点王

1102MarcosJunior_getty
【写真:Getty Images】

FW:マルコス・ジュニオール(ブラジル/横浜F・マリノス)
生年月日:1993年1月19日(28歳)
市場価値:190万ユーロ(約2.3億円)
2021リーグ戦成績:33試合9得点5アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マルコス・ジュニオールは横浜F・マリノスで最も高い市場価値を持つ選手とされている。マリノスに加入した2019年にJリーグ得点王に輝き、15年ぶりのリーグ優勝に貢献。アタッキングサードにおける輝きは今季も変わらず、ここまでJ1で9得点5アシストを記録とゴールに絡み続けている。

 ブラジルの名門フルミネンセの下部組織出身で、全国選手権では6シーズンで139試合に出場した。ブラジルの世代別代表でもプレーした経験もある。167cmとひと際小柄だが、繊細なボールタッチと両足から繰り出される多彩なキックが魅力。アンジェ・ポステコグルー監督就任2年目の19年、マリノスは多くの新加入選手を迎えたが、その1人がマルコス・ジュニオールだった。

 序盤は左サイドや1トップなど様々なポジションを経験したが、トップ下に固定された中盤以降の輝きは圧巻だった。漫画『ドラゴンボール』の登場人物であるクリリンに風貌がそっくりで、「かめはめ波」のゴールパフォーマンスは名物に。市場価値はフルミネンセ時代とマリノスで得点王を獲得した19年12月の250万ユーロ(約3億円)が最高値。市場価値の高さがJリーグ屈指のチャンスメイカーであることを証明している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top