最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング76~80位。3年間で約2.5億円もダウン。苦戦しているのは…【2021最新版】

2021年12月22日(Wed)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い Jリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

80位:桜の絶対的守護神

キム・ジンヒョン
【写真:Getty Images】

GK:キム・ジンヒョン(韓国代表/セレッソ大阪)
生年月日:1987年7月6日(34歳)
市場価格:95万ユーロ(約1.1億円)
2021リーグ戦成績:38試合51失点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 韓国で生まれたキム・ジンヒョンだが、Kリーグでのプレーを経験したことはない。東国大学を卒業した2009年より、練習生としての期間を経てセレッソ大阪の一員となっている。193cmという世界レベルの身長、そして驚異的な反射神経を持つこのGKは加入1年目から主力に定着。以降、クラブの絶対的存在としてゴールマウスを守り続けてきた。

 2017年には、同じ韓国人のユン・ジョンファン監督の元、天皇杯とYBCルヴァンカップの2冠達成に大きく貢献。その2年後にはJ1リーグ最少失点の立役者となり、さらにレジェンド森島寛晃(361試合)を抜き、クラブのJリーグ最多出場記録を塗り替えている。34歳となった2021シーズンも存在感は変わらず、リーグ戦では全試合フル出場を果たした。

 市場価値は2冠に貢献した2017シーズン終了後に大幅上昇。30歳ながら自己最高額となる125万ユーロ(約1.5億円)を記録していた。昨年4月には新型コロナウイルスの影響で95万ユーロ(約1.1億円)までダウンしてしまったものの、そこから金額は下がっていない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top