「継続」か「刷新」か。早くも実現するJ1昇格候補の直接対決。注目のマッチアップは…【英国人の視点】

2022年03月11日(Fri)8時00分配信

シリーズ:英国人の視点
text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,


Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命J2リーグは第3節までを消化した。3連勝の横浜FCに続くのは、勝ち点7で並ぶファジアーノ岡山とFC町田ゼルビア。13日に激突する両者は、対照的なチーム状況にありながらも、好スタートを切ることに成功している。(文:ショーン・キャロル)


好スタートを切った町田ゼルビアとファジアーノ岡山

0311ZelviaFagiano_getty
【写真:Getty Images】

 まだまだシーズンは序盤戦が始まったばかり、リーグ順位表に真剣に目を向ける時期ではない。とはいえ今週末に行われるFC町田ゼルビア対ファジアーノ岡山戦を通して、どちらが来季のJ1昇格を本格的に争うことになるのか、あるいは両方になるのか、現段階での見通しを得ることができるかもしれない。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 両チームともにここまで3試合を戦い、勝ち点9ポイントのうち7ポイントを着実に確保している。ゼルビアはFC琉球との開幕戦こそ不満の残る0-0で終えたが、いわてグルージャ盛岡(1-0)とツエーゲン金沢(2-1)に連勝。ファジアーノも徳島ヴォルティス戦の引き分け(1-1)を挟みつつ、ヴァンフォーレ甲府(4-1)と栃木SC(1-0)から勝利を挙げた。

 昨季のスタートと比較しても改善がみられる。2021年の町田は開幕から7試合で2勝にとどまっていた。岡山もJ2序盤の9試合で勝ち点3を獲得したのは2回のみ。それぞれ現体制でのチーム作りの段階は異なっているとしても、見通しが明るいことは共通している。

 町田の昨季の順位は5位で、もしプレーオフが開催されていれば出場できるはずの成績だった。2度目の就任から3年目を迎えているランコ・ポポヴィッチ監督の目標は、少なくともその昨季の成功をもう一度実現させることだ。

1 2 3 4

新着記事

↑top