Jリーグ前半戦ブレイク選手5人(J2編)。パリ五輪世代の逸材、コンバートで開花した大卒ルーキーMFとは?

2022年07月01日(Fri)7時50分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 Jリーグも2022シーズンの折り返しを迎え、J1からJ3までの各クラブで様々な選手が台頭してきた。そこでフットボールチャンネル編集部は今季のJリーグを彩るブレイク選手を選出。今回はJ2リーグ編をお届けする(※出場成績や年齢などの記録は2022年7月1日時点のもの)。



小川航基(おがわ・こうき)

小川航基
【写真:Getty Images】

所属クラブ:横浜FC
背番号:18
生年月日:1997年8月8日(24歳)
2022リーグ戦成績:23試合出場/14得点4アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 桐光学園高校からジュビロ磐田に加入した当初は、同世代でも屈指のストライカーとして注目を集めた。2017年のU-20ワールドカップにも、のちに東京五輪に出場する選手たちとともにU-20日本代表の中心選手として出場した。

 しかし、その後は殻を突き破れずに時間だけが過ぎていく。2019年には日本代表招集を受けてEAFF E-1サッカー選手権の香港代表戦でハットトリックを記録したが、東京五輪に向けた競争からもいつの間にか脱落。クラブでは結果を残せずくすぶっていた。

 そんな中で横浜FCへ完全移籍すると、眠っていた得点力が目を覚ました。序盤戦から様々な形でゴールを量産し、ぶっちぎりでJ2得点ランキングのトップを走る。2・3月度のJ2月間MVPも受賞し、リーグ首位の横浜FCを力強く引っ張っている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top