Home » 海外サッカー » 成功? 失敗? 欧州1年目の日本人選手パフォーマンス査定。Jリーグから欧州に挑んだ男たち

海外日本人選手 最新ニュース

今や日本人選手の欧州移籍は一流選手になるための通過儀礼となっている。2022/23シーズンも、実に多くのサムライが海外への初移籍を決断した。今回は、そんな欧州移籍1年目となった主な日本人選手10人をピックアップし、パフォーマンスをA〜Cの3段階で査定していく。(セカンドチーム登録選手は対象外。成績は『transfermarkt』を参照)


MF:三竿健斗(みさお・けんと)

2022/23シーズンよりサンタ・クララに所属する三竿健斗
【写真:Getty Images】

生年月日:1996年4月16日
所属クラブ:サンタ・クララ(ポルトガル)
22/23リーグ戦成績:17試合0得点0アシスト
シーズン評価:C


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 東京ヴェルディの下部組織出身である三竿健斗は、2016年に加入した鹿島アントラーズで大きく成長。その翌年にヴァヒド・ハリルホジッチ監督の元で日本代表デビューを果たし、2020年には伝統ある鹿島において史上最年少でキャプテンを託されている。まさに“常勝軍団の顔”となった。

 そんな三竿は今年の冬、約7年間を過ごしたクラブを離れ、守田英正の抜けたサンタ・クララに移籍することになった。昨季の鹿島ではセンターバック起用がメインだったが、ポルトガルでは本職のボランチで出場機会を確保。途中で監督交代がありながらも、新天地デビューとなった第16節のポルティモネンセ戦から第27節のヴィゼラ戦まで、先発を外れたのはわずか1回だった。

 しかし、三竿は先発したリーグ戦でたったの1度も勝利に貢献することができず。それも影響したのか、残留に向けて重要な最後の7試合は全て先発外となり、残酷なことにチームはその間に2勝を挙げている。結果的にサンタ・クララは最下位での2部降格が決まるなど、三竿は新戦力としてチームに多くのものを与えられなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top