フットボールチャンネル

Jリーグ 9か月前

まさに希望! 大怪我から復活した日本人10人。絶望の淵から帰ってきた勇気と努力の男たち

シリーズ:大怪我から復活した日本人 text by 編集部 photo by Getty Images

仲川輝人(FC東京)

横浜F・マリノスに所属した仲川輝人
【写真:Getty Images】


生年月日:1992年7月27日
主な在籍クラブ:横浜F・マリノス、FC町田ゼルビア、アビスパ福岡、FC東京

 2019年のJリーグ得点王に輝いた仲川輝人も、大きな怪我を乗り越えた選手の1人だ。2014年秋、4連覇をかけて戦っていた関東大学サッカーリーグで、専修大学の仲川は試合中に右膝を負傷した。診断の結果は右膝前十字靭帯、内側側副靭帯の断裂、および半月板損傷。仲川を欠いた専修は見事に偉業を達成するが、その傍らで選手生命を脅かしかねない怪我を負ってしまった。

 負傷から間もなく、横浜F・マリノスへの加入が決まったが、加入後はリハビリの日々が続いた。初の公式戦出場は1年目の9月。2年目からは2年連続で期限付き移籍を経験するなど、プロキャリアは決して順調なものとはいえなかった。

 それでもマリノスに復帰した2018年、アンジェ・ポステコグルー新監督の下で右サイドに定着し、リーグ戦で9得点を挙げる。その勢いのまま翌シーズンは15得点を挙げ、チームメイトのマルコス・ジュニオールとともに得点王に輝いた。2人の点取り屋に牽引されたチームは、悲願のリーグ優勝を達成。プロ入りはどん底だったかもしれないが、不屈の努力はこうして結実した。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top