フットボールチャンネル

Jリーグ 6か月前

移籍市場注目!? Jリーグで輝く若き逸材10人。海外移籍もあるか。今をときめく才能たち

シリーズ:Jリーグで輝く若き逸材10人 text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命Jリーグの2023シーズンが閉幕した。各クラブはここから来季へ向けて、それぞれの目標に合った選手を獲得していくことになる。今回は、冬の移籍市場を賑わすことになるであろう、今季Jリーグで大きなインパクトを残した若き逸材を10人ピックアップした。


DF:藤井陽也(ふじい・はるや)


【写真:Getty Images】

生年月日:2000年12月26日
所属クラブ:名古屋グランパス
2023リーグ戦成績:34試合2ゴール3アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 名古屋グランパスの下部組織で育った藤井陽也は、2019シーズンにJリーグ初出場を記録すると、昨季からチームのレギュラーとして定着した。今季はリーグ戦全34試合で先発出場と、守備の要としてリーグ上位に位置するチームを支えている。

 藤井の魅力の一つが、空中戦の強さだ。身長186cmと恵まれた体格があるだけでなく、抜群の跳躍力も持ち合わせている。ゴール前の競り合いで無類の強さを誇り、今季の「空中戦勝率」は72%をマークした(データサイト『Sofascore』参照)。もちろん地上戦も安定感抜群で、果敢なスライディングタックルで相手に決定的な場面を作らせない。

 そして同選手を語る上で忘れてはならないのが、本職センターバックながら積極的に攻撃参加をすること。足元の技術に自信を持っており、前方にスペースがあると見るや、ドリブルで持ち上がる。繊細なタッチのドリブルではないものの、相手の逆をつくフェイントやリーチの長さを活かしてボールを守り前進する。同選手が攻撃参加することで中盤や前線で数的優位を作ることが可能だ。

 3月にはサッカー日本代表に初招集され、いまやJリーグ屈指のセンターバックとなった。昨季、今季と結果を出し続けてきた彼が海の向こうへ羽ばたく日は近いだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top