Home » Jリーグ » 期待外れ…。Jリーグ“ガッカリ”外国人選手10人。2023シーズン、大苦戦した助っ人たち

Jリーグ 最新ニュース

2023シーズンの明治安田生命J1リーグはヴィッセル神戸の優勝で幕を閉じた。先日には今季を彩った選手たちがJリーグアウォーズにて表彰されたが、期待されながら思った活躍を披露できなかった選手もいる。今回は、残念ながら活躍できなかった外国籍の選手を10人紹介する。


FW:ブレッシング・エレケ(ナイジェリア)

鹿島アントラーズのブレッシング・エレケ
【写真:Getty Images】

生年月日:1996年3月5日
所属クラブ:鹿島アントラーズ
2023リーグ戦成績:2試合0得点0アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 スイスやベルギーなど欧州でのプレー経験が豊富で、身長190cm・体重88kgと見た目のインパクトも十分。アフリカ人特有の身体能力も兼ね備えたブレッシング・エレケがJリーグで暴れる姿を期待したサポーターは多かったはずだ。しかし、同選手は影を潜めたまま鹿島アントラーズを去ることが決まった。

 エレケは昨年夏、欧州移籍を決断した上田綺世の後釜として鹿島に加入。FCルツェルン時代の恩師でもあるレネ・ヴァイラー監督と再び師弟関係になった。ところが、エレケにとって誤算だったのが、加入から1週間も経たないうちに恩師のヴァイラー監督が解任されたこと。後任の岩政大樹監督からの信頼は得られず、1年目はリーグ戦わずか4試合の出場に留まった。

 今季は心機一転といきたいところだったが、プレシーズンで負傷し出遅れると、復帰後は鈴木優磨や垣田裕暉の後塵を拝し、なかなか試合に絡めず。結局、公式戦出場はリーグ戦2試合、それも計29分間のみ。その他J1の2試合でベンチ入りしただけで、残りはすべてメンバー外と1年目よりも深刻な状態のまま2023シーズンを終えることになった。そして先日、鹿島との契約満了が発表された。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top