Home » Jリーグ » あまりに残念…。Jリーグ歴代ガッカリ外国籍選手ワーストイレブン。期待を裏切った助っ人たち

Jリーグ 最新ニュース

 1993年のJリーグ開幕から数多くの外国籍選手がプレーしてきた。欧州や南米で実績を積んだ外国籍選手も多く来日してきたが、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回は、期待されながら結果を残せなかったガッカリ外国籍選手たちを紹介する。※年齢は加入時点のもの


GK

【写真:Getty Images】

GK:ダニエル・ヴコヴィッチ(ベガルタ仙台/オーストラリア代表)
生年月日:1985年3月27日(当時28歳)
在籍期間:2014年3月~2014年5月
J1リーグ成績:0試合0失点


JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 セルビアにルーツを持つオーストラリア出身のダニエル・ヴコヴィッチは、2014年3月にパース・グローリーから期限付き移籍でベガルタ仙台に加入している。仙台のグラハム・アーノルド監督とはU-23オーストラリア代表で指導を受けた間柄だった。

 仙台はオフに正GKの林卓人がサンフレッチェ広島に移籍したが、期限付き移籍から復帰した関憲太郎がゴールマウスを守った。身長188cm・体重96kgという巨体を持ち、世代別のオーストラリア代表経験も豊富なヴコヴィッチだったが、リーグ戦でチャンスを与えられることはなかった。

 仙台での公式戦の出場はヤマザキナビスコカップの2試合のみに終わった。保有元のパースが新シーズンに向けて復帰を要請したことで、5月末に双方合意の下、仙台との契約を解除するに至っている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top