フットボールチャンネル

Jリーグ 2週間前

22歳・染野唯月は「ひと皮むけつつある」。東京ヴェルディを勝たせるために。使われ続けている意味への自答【コラム】

シリーズ:コラム text by 藤江直人 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグ第5節、東京ヴェルディ対京都サンガF.C.が3月29日に行われた。ヴェルディは2点を先行される厳しい展開を強いられたが、なんとか同点に追いつき勝ち点1を拾っている。その救世主となったのが、2得点を挙げたFW染野唯月だ。22歳の若者は、昇格クラブで「ひと皮むけつつある」(取材・文:藤江直人)


染野唯月の使命とは?

東京ヴェルディのFW染野唯月
【写真:Getty Images】

 自分が先発に名を連ね続けている意味を、東京ヴェルディのFW染野唯月は自問自答していた。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


16シーズンぶりにJ1へ挑んでいるヴェルディは、接戦を繰り広げながらひとつも勝てていない。染野個人にスポットをあてれば、前節までの4試合のうち3試合でフル出場。途中交代した3月9日のセレッソ大阪戦も83分までピッチに立った。それでも、一度もゴールネットを揺らせていない。

「チームから求められているのは守備であり、もちろん点を取るところも求められている。自分が90分間フルで出ている意味をしっかりと理解して、最後まで使われている信頼を失わないように、チームに貢献しながらちゃんと結果で示したい。覚悟というよりは、やらなきゃいけない、という思いです」

 これまでの戦いをこう振り返っていた染野にとって、守備のスイッチを入れる役割を担いながら、チャンスを迎えれば先頭に立って、相手ゴール前へ飛び込んでいくのは覚悟ではなく使命だった。国際Aマッチデー期間に伴う中断から明けた、3月29日の京都サンガF.C.戦も染野のプレーは変わらなかった。

 例えば2点のビハインドを背負っていた72分。DF谷口栄斗のクサビのパスを受けようと、センターサークルまで下がってきた染野がワンタッチで味方へ返した。しかし、コントロールを誤ってしまったのか、ボールは左前方にいた京都のFWマルコ・トゥーリオへわたってしまった。

 3点目を奪われた時点で勝負はほぼ決まってしまう。自らのミスを必ず挽回してみせるとばかりに、染野は猛然とスプリントを開始してトゥーリオに追いつき、あっという間にボールを奪い返した。

「ヴェルディの全員が言われているので、そこ(守備)は意識していますし、後ろからの守備というところも常に意識しながらやっているので、あの場面に関してはうまくできたかなと思います」

 ミスを帳消しにした場面をこう振り返った染野が待ち焦がれてきた、今シーズン初ゴールを決めたのは8分後の80分だった。直前には左サイドからドリブルで仕掛けた途中出場のFW山見大登が、ペナルティーエリアへ侵入した直後に京都のDF福田心之助に倒されてPKを獲得していた。

 ヴェルディの選手たちがガッツポーズを作るなかで、染野はある行動を起こしている。

1 2 3 4 5 6 7

KANZENからのお知らせ

scroll top