フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

このままだと非常にヤバい…。Jリーグで大苦戦する6チーム。開幕5試合を終えた現状とは?

text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグが開幕し、各チームは5試合を消化した。首位を走るFC町田ゼルビアのように好調を維持するチームがある一方で、なかなか勝ち点を積み上げられずに苦しんでいるチームも多い。今回は開幕からつまずき、このままではまずいチームを紹介する。※4月2日時点で横浜F・マリノスとガンバ大阪は4試合消化となっている


北海道コンサドーレ札幌


【写真:Getty Images】

順位:20位(勝ち点1)
成績:0勝1分4敗(2得点13失点)
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 北海道コンサドーレ札幌に春は来るのか。

 今季の札幌の陣容は、12位フィニッシュとなった昨季から大きく変化した。昨季途中にMF金子拓郎が海外へステップアップを果たすと、今オフには田中駿汰、小柏剛、ルーカス・フェルナンデス、福森晃斗が他クラブへ移籍。主力級の選手たちが多く退団したことで、これまで通りの戦い方に難しさが生まれることは想像に難しくなかった。

 もちろんクラブはオフの移籍市場でその穴埋めを図ったが、補強が十分だったとは言い難く、やはり昨季より戦力ダウンしている印象は否めない。。今季の開幕戦となったアビスパ福岡戦で勝ち点1を掴んだものの、そこから4試合連続で黒星を喫して現在は最下位に沈んでいる。

 先日行われた第5節ヴィッセル神戸戦では1-6の大敗。札幌が採用したマンツーマンディフェンスが仇となった形だ。個々が1対1のデュエルで負け続け、中盤にスペースを作られたことで、裸になったディフェンスラインが昨季王者の圧倒的な火力にさらされ続けてしまった。

 打ち合い上等のスタイルは時に魅力的なサッカーを実現するが、相手チームが対策を徹底し、なおかつ自分たちの守備が崩壊すれば、神戸戦のように目も当てられぬ大敗を招く。このまま今の戦い方を貫けば、その先に待っているのは屈辱的なJ2降格になってしまうだろう。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督がやらなければならないことは山積みだが、完全崩壊した守備の立て直しは最優先事項だ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top