フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

今すぐ行けるレベル? 海外クラブに推薦したい日本の逸材6人。Jリーグに眠るダイヤモンドの原石たち

シリーズ:海外クラブに推薦したいJリーガー text by 編集部 photo by Getty Images

MF:川﨑颯太

京都サンガF.C.の川﨑颯太
【写真:Getty Images】


生年月日:2001年7月30日
所属クラブ:京都サンガF.C.
昨季リーグ戦成績:28試合2得点1アシスト

 2020年に京都サンガF.C.のトップチームに昇格した川﨑颯太は、翌年19歳ながらチームのアンカーとして41試合に出場し、京都のJ1昇格の原動力となった。J1初挑戦となる2022年に28試合1ゴール3アシストをマークすると、昨季からチームキャプテンに就任。21歳でのキャプテン就任はクラブ史上最年少であり、川﨑への期待の高さが感じ取れる。

 そんな同選手は、守備で貢献し続けるまさにアンカーらしい選手だ。身長は172cmと、あまり優れた体格ではないものの、90分間走り続けることのできる無尽蔵のスタミナでそれをカバーする。ピンチが拡大しそうな場面で素早く体を寄せ相手を潰し、チャンスが持続する展開に持ち込んでくれる。リバプールに所属する遠藤航のような選手であり、海外での適正は高いだろう。

 A代表は招集経験こそあるものの出場したことはない。中盤は多くのライバルがひしめき合う激戦区だ。川﨑も海外クラブで活躍し、日本代表のアンカーとして君臨する姿を目指していきたいところだ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top