シェフィールド・ユナイテッド

ガレス・ベイル

ベイルに居場所はないのか? 好調トッテナムで蚊帳の外、モウリーニョは“最後通告”を突きつけた【分析コラム】

現地17日にプレミアリーグ第19節が行われ、トッテナムはシェフィールド・ユナイテッドに3-1で勝利を収めた。ハリー・ケインやソン・フンミンら好調な攻撃陣が結果を残す一方、ガレス・ベイルはベンチに座ったまま試合終了の笛を聴いた。レアル・マドリードから期限付き移籍で古巣復帰を果たし、大きな期待を寄せられながらほとんど活躍できていないかつてのエースに居場所はあるのだろうか。(文:舩木渉)

クリス・ワイルダー

一時は最底辺にまで…!? 1人の英国人監督が歩んだ復活の道【英国人監督の逆襲・後編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、今シーズン20クラブ中の半数が英国人という事で「英国人至上主義」リバイバルとも言える同現象に英国人記者が迫った章を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:ドミニク・ファイフィールド、訳:山中忍)

20201218_manU_getty

マンUはギリギリすぎる。最下位にあわや…深刻な問題とは?【分析コラム】

プレミアリーグ第13節、シェフィールド・ユナイテッド対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間17日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。これでマンチェスター・Uはアウェイ戦10連勝。1試合未消化ながら6位につけるなど好調を維持している。一方で、この試合では深刻な問題も浮き彫りとなった。(文:小澤祐作)

1028Premier_getty

プレミアリーグ20/21 キャプテン一覧。イングランド人は? 在籍年数が最も長いのは…

プレミアリーグの2020/21シーズンが開幕した。連覇を狙うリバプール、覇権奪回を目論むマンチェスター・シティ、昇格初年度ながら旋風を起こすリーズなど、今季も話題に欠くことはない。今回は、ピッチ内外で重要なタスクを担うキャプテンをクラブごとに紹介する。(加入年は最初に加入した時期)

20201020_premierleague_getty

プレミアリーグ全チーム、夏の移籍金総額ランキング。世界を騒がせ、最も“バブリー”だったクラブは?

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。今年も多くの選手が新天地を求め、世界最高レベルの選手も移籍を決断している。各クラブは巨額の資金を投じ、戦力強化に余念がなかった。今回フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグに所属する全20チームの今夏の総支出額ランキングを紹介する(※移籍金は『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top