ホセ・マリア・ヒメネス

20200616_focus_getty

世界最高のセンターバックは誰だ! CB能力値ランキング16位~20位。立っているだけで脅威な大柄モンスターとは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

ウルグアイ代表

ウルグアイ代表はどんな選手が揃うのか? スアレス&カバーニ筆頭に史上屈指の戦力が日本代表と激突へ【コパ・アメリカ主要国分析(4)】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)が現地14日に開幕する。3大会ぶりの優勝を狙うウルグアイ代表にはどのような戦力が揃うのか。今回は、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニを擁し、日本代表とグループステージ第2戦で対戦するウルグアイを分析する。(文:河治良幸)

20180716_bestxi_getty

ロシアW杯ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、世界最高峰の激闘を彩った名手たち【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップは現地時間15日、フランス代表の優勝で幕を閉じた。約1ヶ月間に及ぶ戦いに出場した32ヶ国736人の選手たちの中で、最も活躍した11人は誰なのだろうか。フットボールチャンネルでは今大会のグループリーグ初戦から決勝戦までの全試合を踏まえ、世界の頂点を目指す4年に一度の祭典におけるベストイレブンを選出した。

クリスティアーノ・ロナウド

完璧すぎた“ロナウド封じ”。最悪の相手だったウルグアイ、骨の髄まで染み込んだその戦法【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・決勝トーナメント1回戦、ポルトガルはウルグアイを相手に1-2と敗戦を喫した。この結果、クリスティアーノ・ロナウドが大会を去る。グループリーグでは4得点を決めたロナウドだったが、ウルグアイは完璧に封じ込めた。カウンターでこそ活きるロナウドにとって、この日の相手は最悪の相性だった。(文:海老沢純一)

ベストイレブン

ロシアW杯グループリーグベストイレブン。Fチャン編集部が選定、激戦を彩った名手たち【編集部フォーカス】

ロシアワールドカップはグループリーグの全日程を終え、ベスト16進出国が出揃った。32チームに寄って争われ、数々の名勝負や番狂わせが生まれたグループリーグの中で、傑出したパフォーマンスを披露した選手たちがいる。フットボールチャンネル編集部ではその中からベストイレブンを選出した。

新着記事

↑top