ユリアン・ブラント

ハーランド サンチョ

怪物ハーランドを支える「偽10番」の働き。ドルトムント逆転優勝への鍵となる男たち

19歳の怪物FWアーリング・ブラウト・ハーランドを擁するボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガ再開から連勝を果たしている。2試合で6得点を奪った攻撃は魅力的で、並みのチームでは止められない。次なる戦いは、中2日で迎えるバイエルン・ミュンヘン戦。優勝争いを左右する重要な一戦に向けて、ドルトムントのチーム状況と秘めたる可能性を読み解く。(文:舩木渉)

20200506_focus_getty

世界最高のトップ下は誰だ! 攻撃的MF能力値ランキング11位~15位。21歳ウーデゴーが堂々ランクイン!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20190708_eyecatch_getty

欧州各国リーグ、主要移籍まとめ(3)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人【編集部フォーカス】

2018/19シーズンの欧州各国リーグが幕を閉じ、現在はそれぞれのチームが来季に向け積極的に補強を行っている最中だ。すでに新天地に活躍の場を求めた選手も何名かおり、世界中を賑わせている。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちをピックアップした。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

ドイツ代表

ドイツ、連覇へのテーマは“可変性”。美学ではないポゼッション。理に適ったザネ落選【ロシアW杯注目国分析】

ついに開幕した2018 FIFAワールドカップロシア大会。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続けている中、本大会初戦を前に注目国の状況をチェックする。今回はグループFのドイツ代表を取り上げる。(文:本田千尋)

新着記事

↑top