山田康太

0822transfer_getty

Jリーグ、主要移籍まとめ(4)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人【編集部フォーカス】

2019シーズンのJリーグも、終盤戦へと差し掛かっている。現在は終盤戦に向け、各クラブが新戦力の補強に力を注いでいるところだ。象徴と呼ばれた選手が新天地を求めるなど、移籍市場は活況を呈している。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。まずはこの5人(随時、追加紹介していく)。

U-20日本代表

U-20日本代表はなぜ敗れたのか。日韓戦で突き付けられた現実。韓国に上回られたある部分とは【U-20W杯】

FIFA U-20ワールドカップ・ラウンド16、U-20日本代表対U-20韓国代表が現地時間4日に行われ、0-1で韓国が勝利を収めた。相手の固い守備ブロックに手を焼き、なかなかチャンスを決め切れなかった影山ジャパン。試合終盤に先制点を献上し、そのまま敗れる形となった。ここまで順調に歩んでいた日本代表に、何があったのか。そして選手が語る韓国にはあって日本に足りなかった部分とは。(取材・文:本田千尋【ポーランド】)

0604u-20%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e5%b1%b1%e7%94%b0%e5%ba%b7%e5%a4%aa

ついに始まる日韓戦。U-20日本代表に漂う死闘の予感。韓国撃破へ“つまらないサッカー”も必要か【U-20W杯】

FIFA U-20ワールドカップ2019は現地時間4日、決勝トーナメント1回戦U-20日本代表対U-20韓国代表が行われる。若き日本代表の面々にとって、日韓戦への反応は様々だが、必勝を期する思いは変わらない。ライバルとの死闘を制するために必要なものとは?(取材・文:本田千尋【ポーランド】)

U-20日本代表

U-20日本代表の好プレーはイタリアに演出されていた。それでも…2位通過が“ベスト”な理由【U-20W杯】

FIFA U-20ワールドカップ2019・B組最終節、U-20イタリア代表対U-20日本代表が現地時間29日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わり、日本は2位通過での決勝トーナメント進出が決まった。この試合はイタリアの思惑通りに展開されたものであり、日本代表の面々は一様に悔しさをにじませたが、2位通過という結果は1位通過以上に価値のあるものだった。(取材・文:本田千尋【ポーランド】)

藤本寛也

U-20日本代表、強豪メキシコ戦へ。見えてきたチームの理想形、初勝利への鍵は?【U-20W杯】

U-20日本代表は26日、FIFA U-19ワールドカップ2019のグループリーグ第2節・メキシコ戦に臨む。ポーランドでの初勝利を掴むことができるだろうか。これまでの試合でのパフォーマンスや選手たちの言葉から、日本が理想的なプレーを見せられているかを測るバロメーターも見えてきた。(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

山田康太

なぜそこに山田康太!? 同点弾を引き寄せた献身、W杯初戦サプライズ先発の理由【U-20W杯】

U-20日本代表は23日、FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第1節に臨みU-20エクアドル代表と1-1で引き分けた。一時は敗戦の危機に瀕した若きサムライたちはいかにして持ち直し、勝ち点1をもぎ取るに至ったのか。1人の選手の起用法や鍵となったプレーから貴重なドローの背景を読み解く。(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

190521_icatch_getty

U-20日本代表、U-20W杯メンバー21人はこれだ! MF・FW編、頂点を目指す選手たちを一挙紹介【編集部フォーカス】

U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019に臨む。久保建英ら主力数名が選外となる中、チームはどのような戦いを見せるか。フットボールチャンネル編集部では、影山ジャパンの21人を紹介する。今回はMF・FW編。

山田康太

U-19日本、山田康太が描いたゴールへの道筋。成長を体現、競争力高めW杯かけた大一番へ

U-19日本代表はインドネシアでAFC U-19選手権に参戦している。28日は来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ出場権のかかった準々決勝のインドネシア戦。その大一番に向けて、チーム内の競争力は高まり続ける。鍵になったのはグループリーグ最終戦の選手起用だった。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

影山雅永

U-19日本、「飢え」を刺激する影山雅永監督の流儀。全員で世界への切符を勝ち取るために

U-19日本代表は、インドネシアでAFC U-19選手権に臨んでいる。来年のU-20ワールドカップ出場権をかけた戦いの中で、チームをどのように成長させていくか。一体感を重視する影山雅永監督は、控えに回る選手たちにも細かく目を配りながら世界と戦える組織作りを進めている。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保ジャパン

【メンバー発表直前】森保監督への推薦状。アジア大会で見たいU-21日本代表候補11人【編集部フォーカス】

 今月14日に初戦を迎えるアジア競技大会には、森保一監督率いるU-21日本代表が参加する。東京五輪に向けて重要な強化の機会ではあるが、Jリーグ開催期間とも被っており、1月のAFC U-23選手権や5月から6月初旬にかけて行われたトゥーロン国際大会に出場したメンバーの一部は招集できない可能性がある。そこで今回は、U-21日本代表招集歴がないか今年に入ってから招集を受けていない選手たちの中から、東京五輪に向けて戦力になるポテンシャルを秘めた11人をフットボールチャンネル編集部が厳選した。

新着記事

FChan TV

↑top