ブラジル

ネイマール

「サッカー界の恥だ!」。ネイマールが見せた過剰演技5選。もはや笑うしかない、ピッチ上の俳優【再掲】

「ブラジルの至宝」とも称され、世界でも屈指の実力を持つネイマール。その華麗なドリブルとテクニックはまさしくワールドクラスであり、サッカー界を代表するスター選手の一人だ。そんな同選手だが、試合中に過剰とも呼べる演技を披露してしまうことで、批判の的となってしまうこともしばしば。昨年行われたロシアワールドカップでも、プレーよりそうした大げさな演技が注目を浴びてしまった。今回フットボールチャンネル編集部では、過去にネイマールが試合中に露呈しまった過剰な演技を5つ紹介する(2019年5月8日のものを再掲)。

ブラジル代表、背番号10の系譜。リバウド、ロナウジーニョ、ネイマール、W杯で輝いたのは?

ブラジル代表は長きに渡ってサッカー界をけん引し、その輝かしい歴史の中で「10」という背番号のイメージも作り上げてきた。世界の覇権を争う舞台で重要な意味を持つ背番号を任された選手たちはどんな活躍を見せたのだろうか。直近のワールドカップ5大会でサッカー王国・ブラジルの背番号10を務めた選手たちを大会ごとに振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

20200428_brazil_getty

ブラジル代表歴代サイドバック、その能力値は? カフー、ロベルト・カルロス…DFの枠を超えた超人たち

世界最高のサイドバックとは? この問いに対する答えで最も多く名が挙がるのがブラジル代表の選手たちだろう。伝統的に優秀なサイドバックを排出する同国だが、その中でも歴史に名を残す選手たちはどのような能力を持っているのだろうか? フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。[sponsored content]

20200415_brazil_getty

ブラジル代表歴代10番、その能力値は? リバウド、ロナウジーニョ、カカー…サッカー史に刻まれる英雄たち

サッカー界にとって、特別なユニホームがある。それが“ブラジル代表の10番”だ。かつてペレやジーコも袖を通した特別なユニホームは、近年ではリバウド、ロナウジーニョ、カカー、ネイマールと受け継がれ、2019年には新世代の選手も誕生した。世界で最も誇るべきユニホームに袖を通した選手はどのような能力を持つのか。フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。[sponsored content]

新着記事

↑top