加藤健一

1993年生まれ、東京都出身。小2のときに加入したサッカークラブでは出場機会を得られず、2か月で野球に転向。『フットボール批評』、『ジュニアサッカーを応援しよう!』(ともにカンゼン刊)の編集を経て、現在はフットボールチャンネル編集部に勤務。『育成主義』(曺貴裁著)、『素直 石川直宏』(馬場康平著、ともにカンゼン刊)などの書籍編集を担当。好きなサッカー選手は山田直輝、好きな監督はユルゲン・クロップ。箸とペンは左利きだが、スポーツはだいたい右利き。Twitter:@katoken97

0808Guardiola_getty

レアルの敗因はミスだが、マンCの勝因は? 変幻自在のグアルディオラ采配を可能にしたのは…【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・シティ対レアル・マドリードが現地時間7日に行われ、2-1で勝利したシティは連勝で準々決勝進出を決めている。レアルのミスから2点が生まれた試合だったが、ペップ・グアルディオラが用意した周到なゲームプランがシティの勝利を確実なものとした。(文:加藤健一)

0807kamada_getty

フランクフルト、長谷部誠はいつも通り秀逸だった。無得点の鎌田大地に欠けていたのは…【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、バーゼル対フランクフルトが現地時間6日に行われ、1-0でバーゼルが勝利。連勝で準々決勝進出を決めた。鎌田大地はフル出場し、長谷部誠は後半から出場。しかし、バーゼルのタイトなディフェンスと鋭いカウンターに、フランクフルトは手を焼いた。(文:加藤健一)

0806Williams_getty

マンチェスター・ユナイテッドが抱える左サイドの問題。タイトル獲得へ乗り越えなければいけない壁とは?【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド対LASKリンツが現地時間5日に行われ、2-1で勝利したユナイテッドが準々決勝進出を決めた。先制点を許したユナイテッドはLASKのハイプレスに苦しむ時間帯もあったが、それ以上に目立った課題があった。ユナイテッドの左サイドはタイトル獲得を目指すチームにとって弱点になりかねない。(文:加藤健一)

0802Arsenal_getty

「もっとも素晴らしい時間だった」。アーセナルは給水タイムで何を変えたのか? 的確だったアルテタの微修正

FAカップ決勝、アーセナル対チェルシーが現地時間1日に行われ、2-1で勝利したアーセナルが自らの記録を更新する14度目の優勝を果たした。アーセナルは先制を許したものの、クーリングブレイクを境に主導権を握り、見事な逆転勝利を収めている。わずかな時間でミケル・アルテタはどのような修正を施したのだろうか。(文:加藤健一)

0727Minamino_getty

南野拓実、最終戦の好評価は正しいのか? リバプール加入後ゴール0でもクロップが称える理由

プレミアリーグ最終節、ニューカッスル対リバプールが現地時間26日に行われ、1-3でリバプールが勝利した。8試合ぶりに先発した南野拓実は相手ゴールを脅かすシュートを放ったが、移籍後初ゴールは来季へ持ち越しとなった。(文:加藤健一)

0727Seballos_getty

アーセナルの苦悩は復活へのプロローグか? アルテタとクロップに共通する筋書きは…

プレミアリーグ最終節、アーセナル対ワトフォードが現地時間26日に行われ、3-2でアーセナルが勝利した。中位に低迷したアーセナルは勝利でプレミアリーグを締めくくったが、FAカップ決勝に向けて不安を残す内容となった。(文:加藤健一)

0723ManUtd_getty

無策…マンチェスター・ユナイテッドは息切れ。失速の原因はスールシャール、残された解決策は

プレミアリーグ第37節、マンチェスター・ユナイテッド対ウェストハムが現地時間22日に行われ、1-1の引き分けに終わった。ユナイテッドは勝てば4位以内が決まる状況だったが、先制したウェストハムに追いつくのがやっとだった。ライバルがともに敗れたことで結果的に3位に浮上したが、最終節を前に不安材料は積もるばかりとなっている。(文:加藤健一)

0722Arsenal_getty

アーセナルはプレミアリーグを捨てた? 賭けに出たアルテタ監督のもくろみと、枠内シュート0で攻撃陣停滞の理由

プレミアリーグ第37節、アストンビラ対アーセナルが現地時間21日に行われ、1-0でアーセナルが敗れた。アーセナルは降格圏にいた相手に枠内シュートを放つことすらできず。ただ、大局的に見ればミケル・アルテタ監督は大きな賭けに出ているように見えた。(文:加藤健一)

久保建英

久保建英を危険にするポジション。同点ゴール演出にアシスト未遂、ドリブルよりも脅威になるのは…

リーガエスパニョーラ最終節、オサスナ対マジョルカが現地時間19日に行われ、2-2の引き分けに終わった。14試合ぶりに先発を外れた久保は59分から出場すると、次々とチャンスを演出。ドリブル成功率の高さが注目を集めているが、それよりも相手の脅威となるプレーがある。(文:加藤健一)

0719Arsenal_getty

アーセナル、マンCのお株を奪う鮮やかなパスワークの理由は…。リバプール戦に続く撃破で見えた勝利を手繰り寄せる戦い方【FA杯】

FAカップ準決勝、アーセナル対マンチェスター・シティが現地時間18日に行われ、2-0で勝利したアーセナルが決勝進出を決めた。リーグ戦でリバプールに勝利した勢いそのままにシティを撃破したアーセナルには、強いチームの勝ち方が備わりつつある。(文:加藤健一)

0717Kubo_getty

久保建英が絶対的存在といえる理由は…。圧倒的スタッツにすら感じる物足りなさと来季の課題

リーガエスパニョーラ第37節、マジョルカ対グラナダが現地時間16日に行われ、1-2でマジョルカが敗れた。久保建英はマジョルカを勝利に導けず、チームは1年での降格が決まっている。絶対的な存在へと成長した久保だが、シーズンを通して戦う中で課題にも直面している。(文:加藤健一)

0716Minamino_getty

南野拓実に活躍の兆し? リバプールの失点は偶然にあらず。ファン・ダイクとアリソンのミスを誘発したアーセナルの秀逸な狙い

プレミアリーグ第36節、アーセナル対リバプールが現地時間15日に行われ、2-1でアーセナルが勝利した。リバプールの2失点はともにミスから生まれたように見えるが、アーセナルの狙いが的中したゴールだった。この試合に途中出場した南野拓実は、活躍の兆しともとれるプレーを見せている。(文:加藤健一)

0714ManUtd_getty

マンUに生じたほころびの理由とは? 攻撃陣は好調を維持も、トップ4入りを阻む不安要素は…

プレミアリーグ第35節、マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトンが現地時間13日に行われ、2-2で引き分けた。リーグ戦4試合連続で3得点以上をマークしていたユナイテッドの攻撃陣はこの日も2つのゴールを挙げた一方で、リードを守り抜くことができなかった。ユナイテッドにとってはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を確保するために必要な要素が見えた試合となった。(文:加藤健一)

0713Kubo_getty

久保建英はなぜ存在感を消したのか? バルサ・レアル戦の輝きはなく…降格の危機に瀕するマジョルカを救うには

リーガエスパニョーラ第36節、セビージャ対マジョルカが現地時間12日に行われ、2-0でセビージャが勝利した。過密日程の中で先発出場が続く久保建英は見せ場を作ることができなかった。残り2試合となったリーグ戦で、久保は降格の危機に瀕するマジョルカを救うことができるのだろうか。(文:加藤健一)

0712Minamino_getty

南野拓実がリバプールに溶け込むのは難しい? 直近4試合で出場は8分のみ。サバイバルを勝ち抜くために必要なのは…

プレミアリーグ第35節、リバプール対バーンリーが現地時間11日に行われ、1-1で引き分けた。南野拓実はリーグ優勝が決まって以降、ほとんどチャンスを与えられておらず、この試合も出場がなかった。献身的なディフェンスなどは評価されているものの、完成されたチームの中で居場所を築くには、何が必要なのだろうか。(文:加藤健一)

新着記事

↑top