Jリーグ
【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグ第16節の全9試合が12日および13日に各地で開催された。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 12日土曜日に行われた試合では鹿島アントラーズが清水エスパルスを2-1で下して5連勝。ヴィッセル神戸は6試合ぶりに復帰したアンドレス・イニエスタのアシストから土壇場での同点ゴールを挙げてFC東京と2-2で引き分けた。

 13日昼に行われた北海道コンサドーレ札幌対浦和レッズ戦は両チームがゴールを奪い合う激戦に。杉本健勇とジェイの各2得点などで3-3となったあと、最後は柴戸海の劇的決勝点で浦和が4-3の勝利を飾った。

 大分トリニータはアウェイでのベガルタ仙台戦に3-0で快勝して6試合ぶりの白星。横浜FCも名古屋グランパスに3-2の逆転勝利を収めて連敗を3でストップしている。

 首位を走る川崎フロンターレはホームでサンフレッチェ広島と対戦。田中碧の先制点により1-0で前半を折り返したあと、後半立ち上がりにはレアンドロ・ダミアン、山村和也、田中が4分間で3点を奪って一気に引き離し、終盤には小林悠もPKを決めて5-1で大勝した。

 サガン鳥栖対柏レイソル戦はオルンガが今季16点目となるゴールを挙げて柏が先制。だが前半終了間際に林大地のPKで追いついた鳥栖は後半開始直後にも原川力が決めて逆転し、2-1で勝利を収めた。

 横浜F・マリノス対セレッソ大阪戦はエリキのゴールで横浜FMが先制したが、C大阪は清武弘嗣と高木俊幸が決めて逆転勝利。ガンバ大阪対湘南ベルマーレ戦は大野和成の1点により湘南が9試合ぶりの白星を挙げている。

 連勝を4に伸ばした川崎Fはシーズン半分の17試合を終えて勝ち点44を獲得。2位のC大阪も連勝を5に伸ばし、1試合を多く残して8ポイント差の状況を維持している。J1第16節の結果は以下の通り。

▼J1第16節
 清水 1-2 鹿島
 神戸 2-2 FC東京
 札幌 3-4 浦和
 仙台 0-3 大分
 横浜FC 3-2 名古屋
 川崎F 5-1 広島
 鳥栖 2-1 柏
 横浜FM 1-2 C大阪
 G大阪 0-1 湘南

【了】

新着記事

↑top