Jリーグ
Jリーグ

 明治安田生命J1リーグ第20節の6試合が3日に各地で開催された。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 14時キックオフの試合では3連敗中の北海道コンサドーレ札幌と6連敗中のベガルタ仙台が対戦。札幌が先制して前半を折り返したあと、後半は仙台が立て続けに3点を奪って逆転したが札幌もまたすぐに2点を返して追いつくという目まぐるしい展開となり、結局3-3のドローに終わった。

 2位セレッソ大阪と首位川崎フロンターレの上位対決は、前半にオウンゴールで川崎Fが先制。C大阪も62分に奥埜博亮が決めて同点としたが、川崎Fは終盤に交代出場のレアンドロ・ダミアンと三笘薫が連続ゴールを奪う。3-1で8連勝を飾った川崎FがC大阪との勝ち点差を14ポイントにまで広げている。

 横浜FC対柏レイソル戦はオルンガが強烈な個の力で2得点を奪い、これで今季19試合に出場して19ゴールと得点ランキング首位を独走。終了間際に大谷秀和も3点目を加えた柏が3-0で快勝した。

 サンフレッチェ広島対サガン鳥栖戦は前半に浅野雄也と東俊希のゴールで広島が2点をリード。後半にはベテランの青山敏弘も鮮やかなミドルで2年ぶりの得点を挙げ、広島が3-0の勝利を収めた。

 ガンバ大阪対鹿島アントラーズ戦は両GKの好守などによりなかなかゴールの生まれない緊迫した展開となったが、66分にはパトリックが自ら獲得したPKを決めてG大阪が先制。後半アディショナルタイムにも渡邉千真が追加点を奪ったG大阪が4連勝を飾っている。鹿島は7連勝のストップから2連敗となった。

 大分トリニータ対清水エスパルス戦は高澤優也とジュニオール・ドゥトラのゴールで前半に1点ずつを奪い合う。76分には田中達也が決めて大分が勝ち越し、鹿島戦に続いて2連勝となった。

 4日日曜日には残りの3試合が行われる。J1第20節の結果は以下の通り。

▼J1第20節
 札幌 3-3 仙台
 C大阪 1-3 川崎F
 横浜FC 0-3 柏
 広島 3-0 鳥栖
 G大阪 2-0 鹿島
 大分 2-1 清水
 湘南(4日)FC東京
 横浜FM(4日)神戸
 浦和(4日)名古屋

【了】

新着記事

↑top