Jリーグ
Jリーグ

 明治安田生命J1リーグ第22節の試合が14日に各地で開催された。ミッドウィークの今節は全試合がナイトゲーム開催となっている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 首位を走る川崎フロンターレはアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。56分には4試合ぶりに先発で出場したレアンドロ・ダミアンが登里享平からのクロスに合わせて強烈なヘディングシュートを叩き込み先制した。

 後半アディショナルタイムも終了間際となった95分には、交代出場の三笘薫が今季二桁得点となる追加点。2-0の勝利で、8月に達成したJ1記録に並ぶ今季2度目の10連勝を飾った。だがチーム得点王の小林悠が交代出場直後に負傷して担架で運び出されたことは今後への不安となった。

 川崎Fより2試合を多く消化している暫定2位のFC東京はホームでの清水エスパルス戦。前半に田川亨介、後半に永井謙佑がゴールを奪い、1点を返されたが終了間際にもアダイウトンが3点目を加えて3-1で勝利した。清水はこれで5連敗。

 鹿島アントラーズは白崎凌兵と犬飼智也のゴールによりアウェイでのサガン鳥栖戦に2-0の勝利を収めて2連勝。柏レイソル対浦和レッズ戦は江坂任のゴールで柏が先制したが、浦和も興梠慎三のゴールで追いついて1-1のドローに持ち込んだ。

 6連勝中だったガンバ大阪は横浜F・マリノスにオウンゴールで先制を許す。前半終了間際に宇佐美貴史が自ら獲得したPKを決めて同点としたが、そのまま引き分けに終わって連勝は止まった。

 ヴィッセル神戸は前半6分に藤本憲明のゴールで先制したが、86分にオウンゴールで追いつかれて大分トリニータと1-1のドロー。ベガルタ仙台と横浜FCは0-0で引き分けた。

 名古屋グランパス対北海道コンサドーレ札幌とセレッソ大阪対湘南ベルマーレの2試合は他の試合より30分遅い19時半キックオフ。60分時点で名古屋は2-0のリードを奪い、C大阪対湘南は0-0となっている。

【了】

新着記事

↑top