Jリーグ
Jリーグ

 明治安田生命J1リーグの最終節となる第34節の試合が19日に各地で開催され、今季の全日程が終了した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 最終節に残されていた注目点は来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権の懸かる3位争い。3位の名古屋グランパスはホームでサンフレッチェ広島と対戦し、4位のセレッソ大阪と5位の鹿島アントラーズは鹿島のホームで直接対決となった。

 名古屋は86分に前田直輝が待望の先制点を奪って1-0で勝利。C大阪は83分に松田陸のゴールで先制したが、鹿島も90分にエヴェラウドのゴールで追いつき、1-1で引き分けた。この結果、名古屋が3位を確保してACL出場権を獲得している。

 すでに優勝を決めている川崎フロンターレはアウェイで柏レイソルと対戦。得点王を確実としていたオルンガに先制点を奪われるなど2点のリードを許したが、家長昭博とレアンドロ・ダミアンのゴールで同点とし、最後は家長の2点目で逆転して3-2の勝利を飾った。

 前節2位フィニッシュを決めたガンバ大阪はホームでの清水エスパルス戦。後半に川本梨誉と金子翔太がゴールを奪った清水が2-0の勝利を収めた。ベガルタ仙台対湘南ベルマーレ戦は0-0で引き分け、この結果により湘南が最下位、仙台が17位で今季を終えている。

 横浜FCと横浜F・マリノスは最終節でダービーマッチ。前半9分に志知孝明、16分に田代真一が決めて横浜FCが2点を先行し、横浜FMも22分にオナイウ阿道が1点を返す。後半には瀬沼優司のゴールで横浜FCが突き放し、3-1でダービーを制した。

 ACL準決勝進出を果たした神戸はFC東京に0-1で敗れ、リーグ6連敗で今季を終了。85分にジョアン・オマリが決勝点を挙げた。浦和レッズ対北海道コンサドーレ札幌戦は後半に駒井善成と田中駿太がゴールを挙げ、札幌が2-0で勝利している。

 サガン鳥栖対大分トリニータ戦は、大分が渡大生と町田也真人のゴールで2度のリードを奪ったが、鳥栖も小屋松知哉と林大地のゴールで同点に。2-2の引き分けに終わっている。

▽J1第34節
 仙台 0-0 湘南
 鹿島 1-1 C大阪
 浦和 0-2 札幌
 柏 2-3 川崎F
 FC東京 1-0 神戸
 横浜FC 3-1 横浜FM
 名古屋 1-0 広島
 G大阪 0-2 清水
 鳥栖 2-2 大分

【了】

新着記事

↑top