Jリーグ
Jリーグ

 明治安田生命J1リーグ第3節の試合が10日に各地で開催されている。19時キックオフの試合としては5試合が行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 鹿島アントラーズ対湘南ベルマーレ戦は開始からわずか3分、左からのクロスが跳ね返されたボールを荒木遼太郎が蹴り込んで鹿島が先制。60分にもスルーパスを受けて抜け出した荒木が追加点を奪った。19歳の荒木は開幕から2試合で3得点の活躍。終盤には両チームが1点ずつを奪い合い、3-1で鹿島が勝利を収める結果となった。

 徳島ヴォルティスをホームに迎えた王者川崎フロンターレは前半12分、三笘薫からのパスをエリア左で受けたレアンドロ・ダミアンが右足で先制ゴールを突き刺す。さらに42分、敵陣内で相手ボールを奪ったダミアンがそのまま決めて2点目。今季合計4得点で得点ランキング首位タイに浮上するブラジル人FWの2得点で、川崎Fが開幕4連勝を飾っている。

 セレッソ大阪対清水エスパルス戦は前半5分にC大阪の最終ラインでのミスパスを奪った中山克広が先制ゴール。C大阪も22分にCKからのクロスを西尾隆矢がボレーで蹴り込んで同点とし、84分には清武弘嗣のボレーで逆転。終了間際に獲得したPKは加藤陸次樹のシュートがGK権田修一に止められて追加点はならなかったが、C大阪が2-1で勝利を収めた。

 サンフレッチェ広島は開始からわずか1分30分でCKから柴崎晃誠がヘディングでの先制点を挙げ、さらに前半8分にも柏好文が追加点。北海道コンサドーレ札幌も43分にルーカス・フェルナンデスがPKを獲得し、アンデルソン・ロペスが決めて1点差としたが、後半にスコアは動かず広島が2-1で逃げ切った。

 サガン鳥栖対ベガルタ仙台戦は開幕2連勝中の鳥栖が前半5分に山下敬大、25分にエドゥアルド、39分に小屋松知哉と順調にゴールを重ねる。後半も56分に樋口雄太が4点目を奪い、アディショナルタイムには酒井宣福が5点目。5-0で快勝した鳥栖は開幕から3試合連続無失点での3連勝となった。

 10日にはガンバ大阪対大分トリニータ戦も予定されていたが、G大阪で選手・スタッフら8人が新型コロナウイルス陽性判定を受けた影響で中止となった。10日に行われたJ1第3節の結果は以下の通り。

▽J1第3節
福岡 1-3 横浜FM
柏 0-1 名古屋
FC東京 2-3 神戸
浦和 2-0 横浜FC
鹿島 3-1 湘南
川崎F 2-0 徳島
C大阪 2-1 清水
広島 2-1 札幌
鳥栖 5-0 仙台

【了】

新着記事

↑top