Jリーグ
Jリーグ


 明治安田生命J1リーグ第16節の9試合が26日に各地で開催された。首位の川崎フロンターレは湘南ベルマーレと引き分け、開幕からの無敗を守っている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季開幕から18戦連続無敗の川崎Fはアウェイで14位の湘南と対戦。前半を両チーム無得点で折り返したあと、56分には高橋諒のシュートをGKチョン・ソンリョンが弾いた浮き球を山田直輝が頭で押し込んで湘南が先制した。

 川崎Fも10分後にレアンドロ・ダミアンのヘディングでネットを揺らしたが、VARによりファウルと判定され無効。それでも82分には再びL・ダミアンが、今度は鮮やかなオーバーヘッド弾で今季11点目となるゴールを挙げ、苦しい試合を1-1のドローに持ち込んだ。

 12ポイント差で川崎Fを追う2位名古屋グランパスはアウェイでベガルタ仙台と対戦。前半42分にマルティノスのゴールで先制した仙台がそのまま1-0で勝利を収め、川崎Fと名古屋の差は13ポイントに広がった。3位のサガン鳥栖は北海道コンサドーレ札幌と0-0で引き分けた。

 4位の横浜F・マリノスは前田大然のゴールにより大分トリニータに1-0で勝利。6連勝中と絶好調だった5位アビスパ福岡は横浜FCに先制点を奪われ、ブルーノ・メンデスのゴールで追いついてドローで終えたが、連勝はストップしている。

 3連勝中の浦和レッズはアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。キャスパー・ユンカーのデビューから4戦連続ゴールと、興梠慎三のPKによる今季初ゴールで2度のリードを奪ったが、最後は後半アディショナルタイムに川辺駿のゴールで追いついた広島が2-2のドローに持ち込んだ。

 清水エスパルスはFC東京に3-0の勝利を収めて10試合ぶりとなる待望の白星。ヴィッセル神戸は柏レイソルを2-1で下した。鹿島アントラーズは荒木遼太郎のゴールでセレッソ大阪に1-0の勝利を収めている。

 27日には今節の残り1試合、ガンバ大阪対徳島ヴォルティス戦が行われる。J1第16節の結果は以下の通り。

▽J1第16節
札幌 0-0 鳥栖
鹿島 1-0 C大阪
柏 1-2 神戸
横浜FC 1-1 福岡
広島 2-2 浦和
湘南 1-1 川崎F
清水 3-0 FC東京
大分 0-1 横浜FM
名古屋 0-1 仙台
G大阪 – 徳島(27日)

【了】

新着記事

↑top