最高額の日本人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング41~45位。一時は3億円を記録! 天才と言われた男とは?【2021最新版】

2021年10月21日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

45位:2度の海外移籍が失敗に…

宇佐美貴史
【写真:Getty Images】

FW:宇佐美貴史(日本代表/ガンバ大阪)
生年月日:1992年5月6日(29歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
2020リーグ戦成績:30試合6得点5アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 幼い頃から「天才」として注目を浴びていた宇佐美貴史は、2009年に高校2年次ながらガンバ大阪のトップチームに昇格。そのわずか2年後にはドイツの強豪バイエルン・ミュンヘン移籍を掴み取るなど、驚異的なステップアップを遂げていた。しかし、世界各国のスターが集まるバイエルンでは出場機会を得られず。2012年より所属したホッフェンハイムでもプレータイムは限られてしまった。

 2013年から2016年までは再びG大阪でプレー。ここでは国内三冠の立役者となるなど大活躍を果たし、その市場価値はキャリア最高となる250万ユーロ(約3億円)に到達していた。しかし、その後再びドイツへ活躍の場を移すも、これが失敗。アウクスブルク、デュッセルドルフでそれぞれインパクトを残すことができず、評価を一気に落とすことになっている。

 2019年に2度目のG大阪復帰を果たした宇佐美は現在も同クラブでプレー。しかし、かつての輝きは影を潜めており、市場価値も120万ユーロ(約1.4億円)に落ち込んでいる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top