なぜ移籍? 浦和レッズ加入の犬飼智也が抱く野心。「犬飼病」と揶揄された若者は、どのように頼れるCBになったのか【コラム】

2022年01月13日(Thu)10時19分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

浦和レッズは2022シーズンの新体制発表記者会見を行い、犬飼智也は新天地での決意を語った。ミスが多かった松本山雅の若手DFは、鹿島アントラーズで主力を担うまでに成長を遂げている。そして、犬飼は野心と覚悟を持ってライバルクラブへの移籍を決断した。(取材・文:元川悦子)


移籍を決断した一番の理由

1021-犬飼
【写真:Getty Images】

「オファーをいただいたときは正直、悩みました。ただ、浦和さんからの熱意に心が躍ったというのが一番の移籍の理由です。チームは『3年計画』を立てていて、集大成の年に本気で自分を獲りにきてくれたことに感謝していますし、それにしっかり応えないといけないと思っています」

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 12日に行われた浦和レッズの2022年新体制発表記者会見。13人の新加入選手の中、報道陣の取材対応に真っ先に現れたのが、28歳のDF犬飼智也だった。

 2018年から4年間プレーした鹿島アントラーズでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を経験し、最終ラインの統率役に君臨した男が、ライバルクラブに移籍する決断を下したことは、多くの人々を驚かせた。

 しかも、浦和には2021年天皇杯制覇の原動力となった岩波拓也、アレクサンダー・ショルツという鉄壁の両センターバック(CB)がいる。犬飼と言えども定位置を約束されているわけではない。その競争含め、彼は前向きに捉え、新天地に赴くことを選んだという。

「競争も楽しみの1つで、彼ら2人、新加入選手もそうですけど、新たな環境に身を置くことで自分自身、より成長できるんじゃないかと。そう思って挑戦することを決めました」と本人は偽らざる本音を口にする。

 思い切って新たな環境に身を投じるのがプラスに働くという事実は、彼自身がキャリアの中で実感してきたこと。それを最初に体感したのが、2013年6月にレンタル移籍した松本山雅だった。「日本屈指のサッカーどころ」である清水エスパルスのアカデミー育ちの犬飼が、当時まだ「不毛の地」という位置づけだったJ2の松本へ行くというのは、大きな決断に他ならなかった。

1 2 3 4

新着記事

↑top