Home » 日本代表 » 3月はJリーグから呼べ! サッカー日本代表に推薦したい10人。3年後のW杯を目指す男たち

Jリーグ 最新ニュース

 FIFAワールドカップカタールが終わり、サッカー日本代表は2026年の次回大会に向けて再スタートを切る。3月に行われるキリンチャレンジカップでは3年後を見据えてJリーグで活躍する伸びしろのある選手たちを呼ぶのも1つの案だ。そこで、今回はJリーグで活躍する選手の中から、サッカー日本代表に推薦したい選手をピックアップして紹介する。


DF:常本佳吾(鹿島アントラーズ)


【写真:Getty Images】

生年月日:1998年10月21日(24歳)
2022リーグ戦成績:28試合0得点1アシスト
日本代表通算成績:なし


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 三笘薫の活躍が世界中で話題となっているが、その三笘を止めた男がJリーグにいる。三笘が海外移籍する直前の2021年5月、鹿島アントラーズの大卒ルーキーだった常本佳吾は、川崎フロンターレ戦でマッチアップした三笘のドリブルを幾度となく止めていた。

 三笘でさえ封じた守備力が常本のストロングポイントだ。長友佑都の後輩にあたる明治大学出身の右サイドバックで、90分上下動し続けられる走力が持ち味。昨季は8月に左膝内側側副靱帯を損傷したが、リーグ戦28試合に出場。なかなか勝ち点が積み上げられなかったシーズン終盤、「常本がいれば…」と感じた場面は少なくなかった。

 アシストは2年連続で1ということからもわかる通り、山根視来や酒井宏樹といったカタールワールドカップメンバーと比べると、現状は攻撃面での貢献度はやや劣る。ただ、サイドバックは年齢的にも若手の台頭が必要なポジションであるだけに、チャンスが回ってくる可能性は十分にあるだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top