フットボールチャンネル

Jリーグ 1年前

レンタル移籍はあるか? Jリーグで起用されない若手5人。出場機会に苦しむ若きタレントたち

シリーズ:Jリーグで起用されない若手5人 text by 編集部 photo by Getty Images

MF:山田陸(名古屋グランパス)


【写真:Getty Images】


生年月日:1998年4月15日
2023リーグ戦成績:出場なし
2023ルヴァン杯成績:3試合0得点(出場時間141分)

 山田陸は大宮アルディージャのアカデミー出身で、トップ昇格を果たすもプロ2年目以降は期限付き移籍を繰り返した。J3で2シーズンプレーした後に加入したJ2ヴァンフォーレ甲府で活躍し、昨年は天皇杯制覇にも貢献。今季から名古屋グランパスに完全移籍で加わっている。

 しかし、まだJ1リーグでの出場はなく、ベンチ入りもたったの1試合に留まっている。ここまで公式戦で出場したのはYBCルヴァンカップ3試合のみ。2試合は途中出場で、すでにグループリーグ突破を決めている状況で行われた24日のヴィッセル神戸戦で初先発のチャンスが回ってきた。

 ボールをさばいて攻撃のリズムを作ることができるボランチだが、チームには米本拓司と稲垣祥という不動のボランチ2人がおり、サブには長澤和輝が控える。J2では対人能力にも非凡なものを見せていたが、Jリーグトップレベルの2人には分が悪い。ただ、チームとしては選手層という意味で考えると山田は必要で、攻撃にアクセントを加えられるカードとして貴重な存在。ただ、主力に大きなアクシデントがない限り、現時点では出場機会を見込めないというのが実情だろう。

【関連記事】
【Jリーグ順位表】2023シーズン明治安田生命J1リーグ
一番ヤバいのは? 「J1→J2」降格危険度ランキング1~5位。ピンチに陥る5クラブとは
頂点に輝くのは? J1リーグ優勝可能性ランキング1~5位。現状と展望から見る王者に近いクラブ

【了】

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top