フットボールチャンネル

Jリーグ 12か月前

厳しい立場…。Jリーグ出場ゼロの若手5人。移籍の可能性は? チャンスを得られない有望株たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

GK:鈴木彩艶(すずき・ざいおん)


【写真:Getty Images】

所属クラブ:浦和レッズ
生年月日:2002年8月21日(20歳)
2023リーグ戦成績:なし
2023リーグ杯成績:5試合3失点

 鈴木彩艶はこの世代のトップランナーとも言うべき存在だ。浦和レッズ史上最年少の16歳でプロ契約を結び、トップチームに昇格した2021年には18歳ながら飛び級でU-24日本代表に選出され、東京五輪に参加している。同年にはリーグ戦デビューも果たし、9試合に出場したYBCルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞している。

 今季のルヴァン杯ではU-22日本代表の活動のため出場できなかった1試合を除く全5試合に先発しているが、リーグ戦での出場はない。6月に37歳となった西川周作が文句の付け所のないパフォーマンスを披露しており、付け入る隙を与えていないのが現状だ。

 今季も3月のU-22日本代表やルヴァン杯では素晴らしいプレーを見せていた。190cmの長身とリーチの長さを活かしたセービングと、精度の高いフィードには魅力が詰まっている。他のクラブなら正GKでもおかしくない実力を持っているはずだが、比較対象が西川というのが辛いところでもある。

【関連記事】
【Jリーグ順位表】2023シーズン明治安田生命J1リーグ
一番ヤバいのは? 「J1→J2」降格危険度ランキング1~5位。ピンチに陥る5クラブとは
頂点に輝くのは? J1リーグ優勝可能性ランキング1~5位。現状と展望から見る王者に近いクラブ

【了】

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top