フットボールチャンネル

Jリーグ 7か月前

最高額は誰だ!? JリーグDF市場価値ランキング1~10位。日本人最高額は…【2023年決定版】

シリーズ:Jリーガー市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

9位:毎熊晟矢(セレッソ大阪)

セレッソ大阪の毎熊晟矢
【写真:Getty Images】


生年月日:1997年10月16日
市場価値:100万ユーロ(約1億4000万円)
2023リーグ戦成績:31試合1得点2アシスト

 毎熊晟矢は、2020年に地元のV・ファーレン長崎に加入して、プロとしてのキャリアを始めた。FWとして加入した毎熊は、手倉森誠監督のもとでサイドバックにコンバートされて1年目からレギュラーをつかみ、J2で2年間活躍したのち、2022年にセレッソ大阪へ移籍。新天地でもすぐにレギュラーに定着し、J1デビューから約3カ月後の2022年5月には、リーグ月間MVPに選出された。

 2022シーズンはC大阪で主に右サイドハーフを務めた毎熊だが、2023シーズンはジョルディ・クルークスの加入もあって、右サイドバックが定位置になった。すると、前シーズン以上の存在感を見せて注目の存在となり、9月にはサッカー日本代表デビュー。11月のミャンマー代表戦では、守備時に空中戦でも地上戦でも相手に何もさせない安定感を見せ、攻撃時には果敢なオーバーラップから精度の高いクロスを入れるなど、好印象を残している。

 C大阪加入時の2021年1月に45万ユーロ(約6300万円)だった毎熊の市場価値は上昇を続けており、今年6月に100万ユーロ(約1億4000万円)に達した。26歳の毎熊は、さらに市場価値を高める可能性がありそうだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top