フットボールチャンネル

Jリーグ 6か月前

最高額は誰だ!? JリーグDF市場価値ランキング1~10位。日本人最高額は…【2023年決定版】

シリーズ:Jリーガー市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

5位:中谷進之介(名古屋グランパス)

名古屋グランパスの中谷進之介
【写真:Getty Images】


生年月日:1996年3月24日
市場価値:130万ユーロ(約1億8200万円)
2023リーグ戦成績:33試合1得点2アシスト

 中谷進之介は柏レイソルの下部組織で育ち、2014年にトップ昇格。プロ3年目の2016シーズンから定位置をつかみ、2018シーズン途中に名古屋グランパスに移籍した。

 名古屋ですぐにレギュラーとなった中谷は、堅守を武器とするチームの象徴的な存在に。1対1の対人守備で抜群の強さを誇るだけでなく、鋭い危険察知能力でカバーリングも絶妙で、あらゆるディフェンス能力が高いJリーグ屈指の守備職人だ。それでいて最終ラインから前線への鋭い縦パスも見事で、攻撃の起点としても存在感を発揮している。

 また、鉄人としてもお馴染みで、2019シーズンと2020シーズンは2年連続でJ1リーグ全試合フルタイム出場を達成。2022シーズンと2023シーズンもリーグ戦34試合中33試合にフル出場している。

 中谷の市場価値は、2022年1月から130万ユーロ(約1億8200万円)で横ばいという状況。27歳でさらなる上昇が期待できる年齢だが、もう一皮むけるきっかけはあるだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top