フットボールチャンネル

Jリーグ 3か月前

忠誠心が半端ない! Jリーガー、同一クラブ在籍年数ランキング1〜10位。今は希少? 理想のワンクラブマン

シリーズ:クラブ在籍年数ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

3位:倉田秋


【写真:Getty Images】


生年月日:1988年11月26日
所属クラブ:ガンバ大阪
在籍年数:17年19日
Jリーグ通算成績:377試合出場53得点41アシスト

 ガンバ大阪に所属するMF倉田秋が在籍年数17年で3位にランクインしている。ガンバの育成組織出身の倉田は2007年にトップチームへ昇格し、同シーズンの19節アルビレックス新潟戦に途中出場してJリーグデビューを飾った。

 しかし当時はクラブのレジェンドである遠藤保仁、二川孝広、橋本英郎、明神智和らがチームの中盤に君臨しており、思うように出場機会を得ることができず、デビューから3シーズンにわたってリーグ戦の出場は22試合と苦しい時を過ごした。出場機会を得るため2010年にジェフユナイテッド千葉へ、2011年にセレッソ大阪へ期限付き移籍することとなる。

 武者修行を経てガンバに帰還し、リーグ戦31試合に出場した2012シーズンから倉田は主力として定着。2014シーズンはクラブの国内3冠に貢献した。自身も2015年にサッカー日本代表に召集されている。中盤から前線のあらゆるポジションをこなすユーティリティ性を備え、テクニックと豊富な運動量でチームを支える存在となった。これまでクラブ歴代3位の出場数となるリーグ戦377試合に出場し、53得点41アシストの成績を残している。

 2023シーズン、倉田は怪我による欠場もあってリーグ戦の出場は17試合にとどまってしまう。ガンバ大阪もJ1昇格の2014年以降最低順位となる16位でフィニッシュした。背番号10の再起により、クラブも浮上となるだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top