フットボールチャンネル

Jリーグ 3か月前

忠誠心が半端ない! Jリーガー、同一クラブ在籍年数ランキング1〜10位。今は希少? 理想のワンクラブマン

シリーズ:クラブ在籍年数ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

1位:青山敏弘


【写真:Getty Images】


生年月日:1986年2月22日
所属クラブ:サンフレッチェ広島
在籍年数:20年19日
Jリーグ通算成績:477試合出場24得点42アシスト

 Jリーガーの同一クラブ在籍年数ランキングで1位にランクインしたのは、サンフレッチェ広島のMF青山敏弘だ。20年に及ぶプロキャリアの全てを広島に捧げるバンディエラである。

 青山は作陽高校から2004年に広島に入団した。同年にJリーグヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)横浜F・マリノス戦で公式戦デビューを果たすもリーグ戦の出場は無く、翌2005シーズンは左膝前十字靭帯断裂の大怪我によって公式戦のフィールドに立つことはできなかった。青山のプロキャリアは幸先の良いスタートとはならなかったが、2006年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督体制となってからはボランチとして定位置を確保し、以降は広島の心臓としてチームを牽引し続けてきた。

 これまで広島はいくつもタイトルを獲得してきたが、それらは全て青山の在籍期間中の出来事である。青山はまさにクラブの歴史を作ってきた選手だ。広島が3度目のJ1優勝を成し遂げた2015年には青山自身もJリーグMVPに輝いている。

 青山は広島で公式戦通算587試合に出場しており、これはクラブのもう1人のレジェンド森崎和幸(公式戦594試合に出場)に次ぐ数字だ(なお、J1の出場数では441試合で青山がクラブ歴代最多となっている)。青山が今後のキャリアでこの大記録を塗り替えることができるか注目だ。

【関連記事】
【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング1~10位。優勝候補はどこだ? 全20クラブを格付け!
【一覧】Jリーグ移籍情報2024 新加入・昇格・退団・期限付き移籍・現役引退
Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング。人気や育成、成績など各指標からJ1~J3全60クラブを順位化

【了】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top