PR記事

20200228_nederland_getty

欧州サッカーの頂点を極めたオランダトリオ。「最高にして最強」と呼ばれた伝説の軌跡 2020.02.28

今なおサッカー史に燦然と輝く88年のオランダ代表。ヨーロッパ選手権を制すると、主力だったマルコ・ファンバステンとフランク・ライカールト、そしてルート・グーリットはその後も欧州を席巻する。最強といわれたオランダトリオの軌跡を振り返る。(文:粕谷秀樹)[sponsored content]

『サカつく』PR川口能活

GK川口能活が語るイングランドで苦戦した理由【特別インタビュー】 2017.06.16

日本代表、五輪、Jリーグ、欧州と豊富な経験を持つベテランGK川口能活。体格的に恵まれないながら日本のトップレベルに君臨し続けた理由はなぜなのか。そこには彼のプレースタイルが大きく関係している。またその特長こそがイングランドで苦戦してしまった要因でもあった。【sponsored content】

PRサムネイル

うわっ…私の役割多すぎ? バルサの可変システムを支える陰のキーマンとは 2017.04.17

世界屈指のビッグカード、“エル・クラシコ”の一戦が迫ってきた。タイトル争いが絡まずとも白熱の一戦となることは必至であるが、今回はリーガエスパニョーラ16/17シーズンの優勝争いがかかったゲームとなる。勝ち点でレアル・マドリーに先行されるバルセロナにとっては、正真正銘のラストチャンス。ネイマールが出場停止で不在の状況で、キーマンとなる選手は誰であろうか。(文:フットボールチャンネル編集部)[Sponsored Contents]

アザールとメッシ

“戦術的”になったプレミア。リーガは3強から混戦へ。最高峰リーグで見られる一大変化 2017.03.16

現在、欧州サッカーを牽引するのはイングランド・プレミアリーグとスペイン・リーガエスパニョーラだ。強豪クラブが集結する2つのリーグだが、今季は大きな変化が見られる。一層見逃せなくなっているプレミアとリーガ。スポナビライブでは全試合独占ライブ配信している。見どころはどこになるのか。(文:海老沢純一)[Sponsored Contents]

ガブリエル・バティストゥータとルイ・コスタ

ユーベとフィオレンティーナの因縁は1928年から続く。ヴィオラの知られざる歴史 2016.10.22

イタリアで絶大な人気を誇るリアルサッカーゲーム「ファンタカルチョ」。その日本版を手掛けるダビデ・ウッケッドゥ氏がセリエAを解説する。(文:ダビデ・ウッケッドゥ)

ルイ・コスタとガブリエル・バティストゥータ

かつて2つのクラブだった。中田もプレーしたフィオレンティーナの秘密 2016.10.09

イタリアで絶大な人気を誇るリアルサッカーゲーム「ファンタカルチョ」。その日本版を手掛けるダビデ・ウッケッドゥ氏がセリエAを解説する。(文:ダビデ・ウッケッドゥ)

本田圭佑

いよいよ開幕。遊ぶだけでセリエAに詳しくなれるファンタカルチョの魅力 2016.09.10

イタリアで絶大な人気を誇るリアルサッカーゲーム「ファンタカルチョ」。その日本版を手掛けるダビデ・ウッケッドゥ氏がセリエAを解説する。(文:ダビデ・ウッケッドゥ)

インテルの長友佑都

インテルに外国人選手が多い理由。ミランから離脱したクラブ設立の背景を紐解く 2016.08.01

イタリアで絶大な人気を誇るリアルサッカーゲーム「ファンタカルチョ」。その日本版を手掛けるダビデ・ウッケッドゥ氏がセリエAを解説する。

永井

東京Vの“マスター”永井秀樹が語る最高のスパイク「ある程度の重さはむしろ必要」【SPIKE WARS】―⑥ 2016.07.31

遠い昔、まだラモス瑠偉がルイ・ゴンサウヴェス・ラモス・ソブリーニョだったころ、彼の所属する読売クラブが国士舘大学と練習試合をしたことがあった。試合後、ラモスはチームメイトの武田修宏に命じた。「いますぐ大学辞めてウチのチームに来いってあの選手に言ってこい! あれは天才だよ!」――。それから25年。ラモスをして天才といわしめた男、永井秀樹は目下、三浦知良に次ぐ日本で二番目に経験豊富なJリーガーである。この企画は、サッカー界の表も裏も知り尽くした男マスター・ナガイに、メーカーの枠組みを超えて6社のスパイクを試し履きしてもらい、その寸評とジャッジを公にしてしまおうという、おそらくは世界でも初めての試みなのである。今回は第6話をお届けする。

新着記事

↑top