プレミアリーグ

20130713_tai1

タイで始まったマンUのアジアツアー。熱狂の裏で起こった反発の理由とは? 2013.07.13

マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズンツアーが始まった。12年ぶりの訪問となるタイを皮切りに、オーストラリア、日本、香港、スウェーデンで親善試合を行う予定となっている。だが、最初の訪問国ここタイに、日本代表・香川真司の姿はなかった。

監督退任続いてエバートンを襲った大激震。クラブのブランド価値を維持することの難しさ

監督退任続いてエバートンを襲った大激震。クラブのブランド価値を維持することの難しさ 2013.07.12

モイーズ監督が退任したエバートン。クラブにとって大きな痛手だが、別件でファンの怒りを買う事態を招いてしまった。新エンブレムだ。良かれと思って行ったデザインの刷新だが、反発を招いた背景はどこにあるのか?

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由 2013.07.03

マンチェスター・ユナイテッドの新監督であるデイビッド・モイーズ。就任1年目ではあるが、ビッグクラブの宿命ゆえに、タイトルへの重圧は当然ある。8月中旬に迫ったプレミアリーグ開幕。モイーズはどのように戦うべきなのか?

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第五回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第五回 2013.06.12

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

20130609_hazard

プレミアリーグを席巻するベルギー人選手。優秀な選手を輩出する育成改革と欧州随一の適応能力とは? 2013.06.09

近年のプレミアリーグにおいて、面白い現象がある。ベルギー人選手の急増だ。今ではレギュラー格の選手は10人を超えるという。なぜベルギーは優秀な選手を輩出できているのか? その背景に迫った。

20130609_manu

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第四回 2013.06.09

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第三回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第三回 2013.06.02

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第二回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第二回 2013.06.01

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

契約延長を勝ち取ったランパード。決意に隠されたモウリーニョ復帰の可能性

契約延長を勝ち取ったランパード。決意に隠されたモウリーニョ復帰の可能性 2013.05.23

契約満了が既定路線と思いきや、一転延長に至ったチェルシーの“レジェンド”フランク・ランパード。ファンがタイトルよりも望んだランプスの残留はなぜ実現したのか。恩師モウリーニョの招聘が確実視されている中、ランパードは来季へ向け並々ならぬ決意を抱いている。

20130522_fargason_yamakaz

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉 「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第一回 2013.05.22

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

再び残留争いに巻き込まれたサウサンプトン。大一番になぜ吉田は欠場したのか?

再び残留争いに巻き込まれたサウサンプトン。大一番になぜ吉田は欠場したのか? 2013.05.05

4日のプレミアリーグ第36節、トッテナム・ホットスパー対サウサンプトンの一戦は1-0でスパーズが勝利した。勝ち点での余裕がなくなり、残留争いに再び巻き込まれたサウサンプトン。大事な試合で吉田麻也が欠場した理由とは?

プレミア記録を逃したマンU。バレンシア投入に見るファーガソンの本気度

プレミア記録を逃したマンU。アンデルソン投入に見るファーガソンの本気度 2013.04.30

22日、マンチェスター・ユナイテッドはアーセナルとの一戦で引き分けた。優勝が既に決まっているこの試合のポイントはファン・ペルシーの古巣アーセナルのサポーターがかつてのエースをどう迎えるのか。そして、ユナイテッドがプレミアリーグ記録に向けて前進できるかだった。


20130426_tottenham_kaz

好調スパーズを牽引する“モンスター”ギャレス・ベイルはメッシ、クリロナを超えられるか 2013.04.26

スパーズが好調だ。アーセナルを抑えてプレミアリーグ4位とCL出場を視野に入れている。チームを支えるのはギャレス・ベイル。左SBとしてデビューし、現在はトップ下もこなす。ワールドクラスの実力を持つベイルはメッシやクリロナを超えることができるのか?

20130425_manu1

最後まで未完成だったマンチェスター・ユナイテッドがリーグ戦で独走できた理由 2013.04.25

マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグでの優勝を早々と決めた。2位に大差をつけての独走だったが、チームとしてはまだ熟成しているとは言い難い。未完成のチームはなぜリーグ戦で圧勝できたのか? 現地記者が分析する。

【名将インタビュー】サム・アラダイス

【名将インタビュー】サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~(後編) 2013.04.18

昇格組ながら32節を終えて12位とウェストハムが好調を維持している。特筆すべきは指揮官サム・アラダイスが採る戦術だ。前線にどんどんロングボールを放り込み、ファウル覚悟のタックルで相手を止める。パスサッカーがトレンドの時代になぜそこまでオールドスタイルにこだわるのか?ビッグ・サムに話を聞いた。

新着記事

FChan TV

↑top