プレミアリーグ

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化(前編) 2012.12.29

『マンU、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルに見る“オープンスペース”有効活用法』
サイドからクロスを上げ、ゴール前では屈強な男たちが肉弾戦を繰り広げる。プレミアリーグでよく見る光景だ。昔からのスタイルではあるが、近年では戦術的な“崩し”が見られる。重要なのはクロスを上げる、そしてフィニッシュに持ち込むまでの過程だ。プレミアでの実例からワイドアタックの真髄を紐解いていく。

今季8度目の逆転勝利も、手放しでは喜べないマンUの現状

今季8度目の逆転勝利も、手放しでは喜べないマンUの現状 2012.12.27

プレミアリーグ第19節、マンチェスターUはホームにニューカッスルを迎えた。マンUは先制点を献上し、3度勝ち越される苦しい展開となったが、試合終了直前にエルナンデスのゴールで勝ち越し、実にリーグ戦8度目の逆転勝利を飾った。決定力は圧倒的だが、ディフェンス面での不安定さは未だぬぐえていない。

マンチェスター・ユナイテッドの失点が多い理由

マンチェスター・ユナイテッドの失点が多い理由とは? 2012.12.26

プレミアリーグで首位を走るマンチェスター・ユナイテッド。ロビン・ファンペルシーを加えた攻撃陣は絶好調で、リーグ最多得点を挙げている。しかしその一方でディフェンスには綻びが目立ち、リーグ戦では18試合で25失点と、上位陣の中では突出した多さだ。前節のスウォンジー戦も先制点を挙げながら、不安定なディフェンスで同点に追いつかれている。失点の多さはどこから来ているのか、その理由を探った。

fagi_001

サー・アレックス・ファーガソンの実像と虚像【欧州サッカー批評 6】 2012.12.09

『ベールに包まれたファーギーの哲学に迫る』
26年にもわたってマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を務めるサー・アレックス・ファーガソン。これほどまで長く1つのクラブで指揮を執り、そしてまた彼以上に栄冠を勝ち取った監督は他にはいない。マンUを常勝軍団へと変えたファーギーの指導哲学とはいかなるものか?現地記者が半生を振り返り、ベールに包まれた実像と虚像に迫る。(翻訳:藤井重隆)

新着記事

FChan TV

↑top