ロナウジーニョ

0703barcelona_getty

バルセロナ歴代ユニフォーム。一番かっこいいのは? 胸スポンサーがなかった時代からの移り変わり

スペインの名門クラブであるバルセロナは26度のリーグ優勝と5度の欧州制覇を成し遂げている。これまで数々のスター選手がプレーしてきたが、ロナウジーニョ、アンドレス・イニエスタ、リオネル・メッシらはどのようなユニフォームを着ていたのか。今回はここ20年で印象的だった5つのシーズンを、歴史と記憶が刻まれたユニフォームとともに振り返っていきたい。

ブラジル代表、背番号10の系譜。リバウド、ロナウジーニョ、ネイマール、W杯で輝いたのは?

ブラジル代表は長きに渡ってサッカー界をけん引し、その輝かしい歴史の中で「10」という背番号のイメージも作り上げてきた。世界の覇権を争う舞台で重要な意味を持つ背番号を任された選手たちはどんな活躍を見せたのだろうか。直近のワールドカップ5大会でサッカー王国・ブラジルの背番号10を務めた選手たちを大会ごとに振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

20200415_brazil_getty

ブラジル代表歴代10番、その能力値は? リバウド、ロナウジーニョ、カカー…サッカー史に刻まれる英雄たち

サッカー界にとって、特別なユニホームがある。それが“ブラジル代表の10番”だ。かつてペレやジーコも袖を通した特別なユニホームは、近年ではリバウド、ロナウジーニョ、カカー、ネイマールと受け継がれ、2019年には新世代の選手も誕生した。世界で最も誇るべきユニホームに袖を通した選手はどのような能力を持つのか。フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。[sponsored content]

0323Barcelona

バルセロナ、ライカールト時代のイレブン。若き日のイニエスタ、全盛期のロナウジーニョ…。美しく欧州を制したドリームチーム

フランク・ライカールト監督が率いた2005/06シーズンのバルセロナは美しく、強かった。リーガ連覇に加え、クラブ史上2度目のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成。全盛期のロナウジーニョが君臨し、若き日のメッシやイニエスタがスターへの階段を上っていたバルサは、華麗なパスサッカーでライバルたちをねじ伏せていった。今回、フットボールチャンネルでは当時の主力メンバーをピックアップ。世界の頂点に立ったメンバーを紹介していく。

20200320_criminalplayers_getty

ロナウジーニョなんて序の口。暴行、性犯罪、殺人…刑務所で服役経験を持つ5人のサッカー選手

かつてのスーパースター、元ブラジル代表のロナウジーニョ氏がパラグアイのパスポートを偽造したとして逮捕・身柄拘束されている。拘置所内のフットサルで大活躍した逸話や、DIYにハマっていることなども報じられて大きな話題となった。しかし、彼のような例はまだまだ序の口。サッカー界には様々な犯罪で有罪判決を受けて服役した者が多くいる。元イングランド代表のジョーイ・バートンなども有名だが、今回は彼のように刑務所内で長期間を過ごした経験のある5人のサッカー選手を紹介する。

0317Ronaldinho_getty

ロナウジーニョがバルセロナの救世主だった時代。ジダン、フィーゴ、ロナウドも霞む圧倒的な技巧と存在感【バルサの20年史(2)】

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。選手の契約と移籍のあり方が変わり、名門クラブも栄枯盛衰を経験している。今回は120年を超える歴史を持つバルセロナの現代史を複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

新着記事

↑top