ロナルド・クーマン

20201109_barcelona_getty

バルセロナ最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。クーマン体制下のキーマンは…“未完の大器”は爆発なるか

ラ・リーガも9節を消化した(バルセロナは2試合を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、バルセロナの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

リオネル・メッシ

「やっぱりメッシ」が証明されたバルセロナ。14ヶ月ぶりベンチも一変した投入策、グリーズマンは主役になり損ね…

ラ・リーガ1部第9節が現地7日に行われ、バルセロナはベティスに5-2で勝利を収めた。この試合では常に先発フル出場が当たり前だったリオネル・メッシが、約14ヶ月ぶりにベンチで試合開始の笛を聞いた。一方でアントワーヌ・グリーズマンは主役になるはずだったが……。(文:舩木渉)

リオネル・メッシ

今のメッシは史上最低レベル。バルセロナの不思議なCL3連勝、守護神の復帰が起爆剤になるか?【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が現地4日に行われ、バルセロナはディナモ・キエフを2-1で下した。この勝利によって一応の3連勝となったバルセロナだが、課題は山積みだ。何よりも絶対的エースであるリオネル・メッシの著しいパフォーマンス低下がチーム全体に深刻な影響をもたらしている。(文:舩木渉)

リオネル・メッシ

バルセロナが厳しい。変わるためには? メッシは休むべきだが…それこそが最大の難題

ラ・リーガ第8節、アラベス対バルセロナが現地時間10月31日に行われ、1-1のドローに終わっている。バルセロナはこれでリーグ戦4試合未勝利。厳しい状況に陥っている。ロナルド・クーマン監督が解決しなければならない問題は、果たしてどこにあるのだろうか。(文:小澤祐作)

バルセロナ

バルセロナの補強はCランク、総合は…。メッシ残留&コウチーニョ帰還も拭えなかった不安【欧州主要クラブ補強診断(7)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のラ・リーガを2位で終えたバルセロナの補強動向を読み解く。

リオネル・メッシ

レアルもバルセロナも番狂わせの理由は…? 久々に猛威を振るうもう1つの“ウイルス”、浮き彫りになった両軍の課題

レアル・マドリードとバルセロナが、国際Aマッチウィーク明け最初の試合で揃って敗れた。前者は昇格組のカディスに、後者は1試合限定でクラブ名を変更したヘタフェに、ともに0-1で屈した。一体なぜ、このタイミングで番狂わせが起こったのだろうか。そして、敗戦から見えてきた2強の課題とは…。(文:舩木渉)

新着記事

↑top