ロナルド・クーマン

リオネル・メッシ

メッシ、怒りの超絶FK弾。バルセロナで4年総額700億円、前代未聞の契約内容流出問題の全貌とは【分析コラム】

ラ・リーガ第21節が現地31日に行われ、バルセロナはアスレティック・ビルバオに2-1で勝利を収めた。この試合で獅子奮迅の活躍を見せたリオネル・メッシは、直前にスペインメディアで自らの契約内容を暴露されたばかりだった。4年総額で最高700億円(1ユーロ=127円で換算)にもなる契約の内容はなぜリークされたのだろうか。そして、メッシ自身にどのような影響があるのだろうか。(文:舩木渉)

リオネル・メッシ アントワーヌ・グリーズマン

バルセロナ、ようやく見つけた最強の形。メッシ&グリーズマン躍動、取り戻した本来の姿【分析コラム】

ラ・リーガ第18節が現地9日に行われ、バルセロナはグラナダに4-0の快勝を収めた。リオネル・メッシとアントワーヌ・グリーズマンが2得点ずつを奪い、リーグ戦3連勝。ロナルド・クーマンは今のチームにとって最高の布陣を、ようやく見つけ出したようだ。(文:舩木渉)

リオネル・メッシ ペドリ

メッシが笑顔を取り戻した理由。最良の相棒は18歳、阿吽の呼吸でバルセロナをけん引【分析コラム】

現地6日にラ・リーガ第2節の延期分が行われ、バルセロナはアスレティック・ビルバオに3-2で勝利を収めた。リオネル・メッシは2得点を挙げてリーグ得点ランキング首位タイに、そしてペドリも1得点1アシストと加入後最高とも言えるパフォーマンスを披露した。この2人はバルセロナを再び高みへと導く真の鍵になるかもしれない。(文:舩木渉)

ペドリ

ペドリこそイニエスタの正統後継者。バルセロナ加入半年で主力に、驚異の18歳は偉大な先駆者にそっくり【分析コラム】

バルセロナはようやく本来の姿を取り戻しつつある。昨年12月からリーグ戦7試合で一度しか負けておらず、現在は6戦無敗を継続している。1月3日に行われた新年初戦のラ・リーガ第17節のウエスカ戦も1-0で勝利した。過密日程をこなし、勝ち点を積み重ねていくなかで目立ったのは18歳のMFペドリの躍動だ。加入半年でいまやレギュラーの一角に収まりつつある。(文:舩木渉)

20201223_barcelona_getty

バルセロナ、文句なしの90分。メッシも気持ちよくプレー、新システムはどのように機能したのか【分析コラム】

ラ・リーガ第15節、バジャドリー対バルセロナが現地時間22日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。ロナルド・クーマン監督はこの試合で今季初めてスタートからの3バックシステムを採用。そして見事に完勝を収めている。では、3バックシステムはどのように機能したのだろうか。(文:小澤祐作)

アントワーヌ・グリーズマン

バルセロナ、勝因は“今季最高”の45分間にあり。そして…奇抜ヘアー披露のグリーズマンが示した存在価値【分析コラム】

ラ・リーガ第19節、バルセロナ対レアル・ソシエダが現地時間16日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。なかなか波に乗れない状態が続いているバルセロナだが、好調ソシエダを撃破し今季2度目の連勝を飾った。勝因は前半の45分間にあると言えるかもしれない。(文:小澤祐作)

1207deJong_getty

バルセロナは無策で何もできなかった。昇格組カディスがボール支配率18%で勝った方法は…【分析コラム】

ラ・リーガ第12節、カディス対バルセロナが現地時間5日に行われ、2-1でカディスが勝利した。バルセロナは82%のボール保持率をマークしながら、自滅のような形で昇格組のカディスに白星を献上した。今季5勝目を掴んだカディスは、レアル・マドリード戦に続くジャイアントキリングを達成。その勝利はもはや運とも偶然とも言えなくなっている。(文:加藤健一)

マルティン・ブライトバイテ

バルセロナ、真のキーマンは不遇の「9番」だった? 伏兵ブライトバイテが覚醒、攻撃力を底上げする決定的な働き【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節が現地2日に行われ、バルセロナはフェレンツバロシュに3-0で勝利を収めた。リオネル・メッシやフィリッペ・コウチーニョを招集外とした中で、CLは5連勝。ようやく調子が上向いてきたように見える。その鍵となったのは、不遇な扱いを受けていた「9番」の活躍だった。(文:舩木渉)

アントワーヌ・グリーズマン

グリーズマン、ついに復活の狼煙。きっかけは1本のインタビュー? 躍動感を取り戻した背景とは【分析コラム】

ラ・リーガ第11節が現地29日に行われ、バルセロナはオサスナに4-0で快勝を収めた。この試合でゴールを挙げたアントワーヌ・グリーズマンは、これまでと見違えるような躍動感あふれるパフォーマンスでチームを引っ張った。加入2年目の今、なぜ劇的に調子を上げているのだろうか。(文:舩木渉)

ジェラール・ピケ

バルセロナ、最悪だった負け方。メッシ不調よりも深刻な問題とは? 優勝争いから脱落も…【分析コラム】

現地21日にラ・リーガ1部第10節が行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリードに0-1で敗れた。この試合では結果以上に大きなトラブルが発生してしまった。それはジェラール・ピケの負傷である。もし長期離脱となれば、それはリオネル・メッシの不調以上に深刻な問題となるかもしれない。(文:舩木渉)

20201109_barcelona_getty

バルセロナ最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。クーマン体制下のキーマンは…“未完の大器”は爆発なるか

ラ・リーガも9節を消化した(バルセロナは2試合を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、バルセロナの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

新着記事

↑top