三好康児

三好 板倉

俺たちフロンターレ育ち。三好康児と板倉滉、武者修業で掴んだ自信と共鳴する日本代表への思い

U-21日本代表には、川崎フロンターレから期限付き移籍に出た今季、大きく飛躍を遂げた2人がいる。三好康児と板倉滉。小学5年生の頃から同じチームで育ち、同じタイミングでプロになり、ずっと一緒に育ってきた。彼らは今、将来に向けて何を思うのか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

まさかの大凡戦。森保J、アジア大会初戦でネパールに苦戦。拭えぬ停滞感…改善の余地は?

森保一監督率いるU-21日本代表は14日、アジア競技大会のグループリーグ初戦でネパールと対戦した。明らかな実力差のある相手に、終始主導権を握りながら1-0。勝ち点3こそ確保したものの、内容は十分とは言えなかった。停滞感の強かったチームに状況を改善する余地はあるのだろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

U-21日本、超守備的ネパールに攻め手欠く。森保兼任監督はアジア大会初戦辛勝【どこよりも早い採点】

8月14日、インドネシアで開催されているアジア競技大会のグループリーグ第1戦で、U-21日本代表がU-23ネパール代表と対戦した。森保一監督率いる若きサムライブルーのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

180806_daihyo_getty

森保ジャパン20人。アジア大会制覇目指すU-21日本代表メンバーを紹介【編集部フォーカス】

インドネシアのジャカルタで開催されるアジア大会に参加するU-21日本代表。2年後の東京五輪を見据えU-21世代で臨む日本は、グループステージでネパール、パキスタン、ベトナムと同組のグループDに入った。今回フットボールチャンネル編集部では、森保ジャパンに選出された20名を紹介する。

森保一

充実一途の東京五輪世代。長期的な強化プラン、リオ五輪とは違う森保ジャパンの本気度

南米パラグアイ遠征(3月19日~28日)に臨むU-21日本代表のメンバー23人が、13日に日本サッカー協会(JFA)から発表された。2年後に迫った東京五輪を戦う世代となるホープたちのなかには、開幕した今季のJ1でコンスタントに出場機会を得ている選手も多く、サンフレッチェ広島を3度のJ1王者に導いた森保一監督(49)も表情を綻ばせている。育成が長く課題とされてきた日本サッカー界で、10代を含めた若手選手の“当たり年”になっている舞台裏を探った。(取材・文:藤江直人)

20180220_sean_getty

英国人が選ぶ注目のJ1新加入選手10人。復活に期待の元日本代表や飛躍を期す若手たち【編集部フォーカス】

新たなシーズンが始まるにあたって、注目を集めるのが各クラブの新加入選手たち。出場機会を得るために所属先を変える選手、あるいはステップアップを狙って新天地に赴く選手など、それぞれが違った思いを胸に移籍していく。そんな中、今季から新たにJ1クラブへ移籍した選手の中で、英国人ジャーナリストのショーン・キャロル氏が特に注目している10人をピックアップしてもらった。

201710101_eyecatch_getty

川崎Fの歴史が凝縮された90分。ルヴァン杯決勝進出、ACLの悔しさ糧に悲願の初タイトルへ

川崎フロンターレが前身のヤマザキナビスコカップ時代の2009シーズン以来、8年ぶり4度目の決勝進出を決めた。ホームの等々力陸上競技場にベガルタ仙台を迎えた8日のYBCルヴァンカップ準決勝第2戦で、退場者を出して一人少ない状況ながら3‐1で勝利。第1戦の黒星から2戦合計スコアで5‐4と逆転した90分間には、大黒柱のMF中村憲剛が経験した6度の“2位”を触媒として、2000年代から紡がれてきたフロンターレの進化の歴史が凝縮されていた。(取材・文:藤江直人)

堂安律

【U20】日本、難敵ベネズエラと渡り合うもベスト16敗退【どこよりも早い採点】

5月30日、U-20日本代表対U-20ベネズエラ代表の一戦が行われ、延長戦の末0-1で敗戦。内山ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

170527_u20japan_getty

【U20】日本、堂安2ゴールでイタリア戦ドロー。3位で決勝T進出決定!【どこよりも早い採点】

5月27日、U-20日本代表対U-20イタリア代表の一戦が行われ2-2で引き分け。内山ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

U-20日本代表の三好康児(左)と堂安律(右)

【U20】垣間見えた日本サッカーの光明。ウルグアイに敗戦も、ポゼッションが有意味に【西部の目】

24日、U-20 FIFAワールドカップのグループステージ第2節が行われ、日本はウルグアイに0-2で敗れた。前半にエース小川航基を負傷で失い厳しい展開になってしまったが、そのなかでも後半には何度か決定機を作ることができていた。敗戦にはなったものの、相手の守備を崩すことはできており、得点までのかたちが見いだせなかった日本サッカーにとっては、一筋の光明が見えたとも言えそうだ。(文:西部謙司)

新着記事

↑top