伊藤達哉

日本代表

南野、中島、堂安・・・新世代が躍動! 新生日本代表、白星発進【どこよりも早い採点】

9月11日、日本対コスタリカの一戦が行われ3-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

森保J、初陣は3-0完勝発進! 南野&伊東が代表初ゴール。若手躍動でコスタリカ下す

日本代表は11日、キリンチャレンジカップでコスタリカ代表と対戦した。

森保ジャパン

【コスタリカ戦展望】室屋&堂安?室屋&伊東? 鍵を握る右サイドの人選。組み合わせでどう変わるのか

日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2018でコスタリカ代表と対戦する。森保ジャパンの初陣は4バックでのスタートが濃厚。そうなれば、鍵を握るのは起用する選手の特徴によって大きく変化するサイド攻撃のバリエーションだ。(取材・文:河治良幸)

堂安律&伊藤達哉

堂安律と伊藤達哉、日本代表に新世代の台頭。欧州で揉まれた若武者たちの試行錯誤

日本代表は、9日も天候がすぐれない中でも調整を続けている。11日のコスタリカ戦の開催地は大阪。地元凱旋となる堂安律や、彼とともにA代表デビューを目指す伊藤達哉といった、新世代を象徴するアタッカーたちは、代表という場で試行錯誤しながらチャンスを勝ち取ろうともがいている。(取材・文:元川悦子)

20180906_2shadows_getty

森保J、攻撃の生命線とは? 超激戦区の「2シャドー」で勃発する生き残りをかけた戦い

日本代表は7日にチリ代表との国際親善試合を行う予定で調整を進めている。森保一監督にとって、就任後初めての実戦。新体制で導入されると見られる新システムにおける攻撃のカギとなるポジションは、すでにチーム内でも最激戦区となっている。競争を勝ち抜くきっかけを掴むのは誰だろうか。(取材・文:元川悦子)

20180905_riotokyo_getty

「1年前でもやれていた」森保Jに集うギラつく若手たち。リオ&東京五輪世代が象徴になれるか

森保一監督率いる日本代表は、札幌市内で7日のチリ戦に向けた合宿を行っている。4日には合流が遅れていた欧州組も揃った。ロシアワールドカップで主力を担った選手の多くがいない今回の2連戦。今こそ奮起が求められるのは、欧州で磨かれ、挫折を乗り越えてきたリオ五輪&東京五輪世代の若武者たちだ。(取材・文:元川悦子)

森保一

東京五輪世代から日本代表へ。森保Jならではの激しい競争、A代表に生き残れる選手とは?

森保一監督率いるU-21日本代表は、インドネシアで開催されたアジア競技大会を銀メダルで終えた。そしてすぐに、今度はA代表の活動が始まる。2つの代表チームを掛け持ちすることになった指揮官は、どのように組織を成長させていくのだろうか。そして東京五輪世代の生き残りをかけた戦いは、今後どのように展開していくのだろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

冨安 堂安 伊藤

新生日本代表の理想の姿とは? 前例なき強化策「東京五輪代表のA代表化」、成功のカギを握る3人

新生日本代表の招集メンバーが30日に発表された。森保一監督にとってA代表の指揮官として初めての試合に、東京五輪世代の3選手が初招集された。U-21代表との兼任監督として将来的な世代間の融合を掲げる中で、東京五輪世代の選手たちがより多くA代表入りを果たすために必要な条件とはいかなるものなのだろうか。(取材・文:舩木渉)

180502_miyazawa_ebi

新生日本代表23人を徹底分析「スター不在でどれだけやれるか」「一人で行ける『槍』が多い」【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第18回は、森保一監督体制でスタートする日本代表について。初陣に選出されたメンバーを宮澤氏はどのように見ているのか。(語り手:宮澤ミシェル)

180829_icatch_getty

日本代表に推薦したい10人。未来を照らす新戦力候補たち 【編集部フォーカス】

森保一監督体制による新生日本代表がいよいよ発足する。ロシアワールドカップではベスト16進出を果たしたが、世代交代が必要なのは間違いない。初陣となる9月のキリンチャレンジカップではどのようなメンバーが名を連ねるだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、A代表キャップのない選手の中から、日本代表に推薦したい10人をピックアップする。

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top