監督

“勝負弱い日本”変えることができるか? 育成年代で始まった新たな改革

“勝負弱い日本”変えることができるか? 育成年代で始まった新たな改革

今夏、新たな試みとなった『JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12』は、どんな成果があったのか。その改革に目を向けてみる。

受験化するサッカー。伝統ある町クラブから見る小・中学生の理想像とは

受験化するサッカー。伝統ある町クラブから見る小・中学生の理想像とは

一貫教育で子どもを育てる街クラブ・学校がジュニア世代に求めているものは何なのか? ジュニアからシニアまでチームを持ち45年の歴史を誇る枚方フットボールクラブの代表であり、関西クラブユース連盟の会長も務める宮川淑人氏に「4種の理想像」を聞いた。(『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.35より一部抜粋』)

早大の主力2人が語る大学サッカーの持つチカラ。『人間性』を育む学生最高峰の舞台とは

早大の主力2人が語る大学サッカーの持つチカラ。『人間性』を育む学生最高峰の舞台とは

日本のサッカー界になくてはならない存在として長い歴史を誇る大学サッカー。かつて天皇杯も制した伝統のある名門で、まもなく年に一度の大一番「早慶戦」に臨む早稲田大学の主力である新井純平と山内寛史に大学サッカーが持つチカラ、そしてサッカー界における役割について語ってもらった。

ドルトムント新監督は“研究者”。ペップ+クロップ=トゥヘル。新戦術と香川の相性は?

ドルトムント新監督は“研究者”。ペップ+クロップ=トゥヘル。新戦術と香川の相性は?

ユルゲン・クロップ監督が退任を表明したドルトムントだが、早くも来季からの新監督が発表された。かつてマインツで岡崎慎司を指導したトーマス・トゥヘル氏だ。新監督がクラブにもたらす戦術とは? そして香川真司との相性は?

20150314_halil1_getty

【識者の視点】ハリルホジッチ監督就任会見を読む。強調されたメンタル強化、ハードワークの“中身”とは?

13日に来日し、就任会見に臨んだハリルホジッチ監督。1つの質問に時に長い回答をしていた新監督は、自身の哲学を言葉の中に滲ませていた。指揮官をよく知る記者はこの会見から何を読み取ったのか?

勝利のためには時に非常采配も――。フランス在住記者が迫る、次期代表監督ハリルホジッチの知られざる人物像

勝利のためには非情采配も――。フランス在住記者が迫る、次期代表監督ハリルホジッチの知られざる人物像

日本代表新監督に内定したヴァヒド・ハリルホジッチ氏。すでに多くの報道があるため、おなじみの名前となっているが、その人物像はご存知だろうか? 過去の逸話から素顔を紐解く。

【識者の視点】代表監督最有力ハリルホジッチ氏の選手起用を読む。昇格組の湘南・松本からの招集も。意外な招集で序列崩す可能性あり

【識者の視点】代表監督最有力ハリルホジッチ氏の選手起用を読む。昇格組の湘南・松本からの招集も。意外な招集で序列崩す可能性あり

日本代表の後任監督にハリルホジッチ氏が就任することが濃厚だ。仮定の話にはなるが、果たしてどのようなメンバーが招集されるのか。氏の選手起用傾向から読み解くと、これまでとは異なる意外な選手が見えてくる。

ダシに使われたオシム氏。元通訳が見た、代表後任監督をめぐるボスニアと日本メディアによる空砲の撃ち合いと虚報

ダシに使われたオシム氏。元通訳が見た、代表後任監督をめぐるボスニアと日本メディアによる空砲の撃ち合いと虚報

日本代表監督の後任人事がいよいよもって決着しようとしている。まだ確証ではないがハリルホジッチ氏は有力候補だという。アギーレ監督が契約解除となってから、様々な報道が飛び交ったが、その状況にハリルホジッチと親交があるオシム氏の元通訳は憤る。

“判断力”はこう磨け! 日本サッカーが学ぶべきドイツ式最先端トレーニング

“判断力”はこう磨け! 日本サッカーが学ぶべきドイツ式最先端トレーニング

ブラジルワールドカップでのドイツ代表の優勝、グアルディオラ監督が率いるバイエルン・ミュンヘンの存在感。近年、世界のサッカーシーンでトップクラスの実力を見せるドイツのサッカー。そのドイツのサッカーを支える要因のひとつとして挙げられるのが『判断力向上』だ。その判断力の向上について、ドイツではどんなトレーニングが行われているのか。(『ジュニアサッカーを応援しよう! vol.33』より転載)構成:木之下潤

いまだ見えないアギーレの真の顔…。2つの八百長疑惑に深い関わり。その先に禁固刑の可能性も

【現地発】追い詰められるアギーレ、2つの八百長疑惑に深い関与。禁錮刑の可能性も

ハビエル・アギーレ氏に禁固刑の可能性が浮上した。当初より八百長の疑いが持たれていた2011年のレバンテ対サラゴサに加えて、昨季のエスパニョール対オサスナにも新たな疑惑が浮上。エスパニョールの指揮官を務め、オサスナにもパイプのある元日本代表監督には強い不信感が持たれている。

あまりに情けない“外国人頼み”。次期監督をめぐる主体性なき報道。アギーレ後任を絶対に日本人にすべき理由

あまりに情けない“外国人頼み”。次期監督をめぐる主体性なき報道。アギーレ後任を絶対に日本人にすべき理由

日本代表の次期監督候補について様々な情報が飛び交っている。その多くは外国人監督で、日本人の名はあがっていない。日本サッカーの未来を考える上で、このような外国人に強化を一任する考えは正しいのか。筆者は日本人監督にすべき理由を強く論ずる。

新着記事

↑top