日本代表は今月、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選の2試合を消化した。サウジアラビア代表にはアウェイで0-1と敗北を喫したものの、続くグループ最大の難敵オーストラリア代表には2-1で勝利。勝ち点を6に積み上げた。では、選手のパフォーマンスはどうだったのか。今回はポジションごとにA~Cの3段階で評価する。

FW

2021-10-12-osako_getty
【写真:Getty Images】

大迫勇也(背番号15)
サウジアラビア代表戦:フル出場
オーストラリア代表戦:61分 OUT
評価:C


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サウジアラビア代表戦、そしてオーストラリア代表戦ともに先発出場。とくに後者では随所でポストプレーの上手さをみせるなど、持ち味を活かしていた印象は強かった。しかし、サウジアラビア代表戦でもオーストラリア代表戦でもチャンスはあったにもかかわらず、それを決めきることができなかったのはFWとして致命的。怖い存在ではなかった。

古橋亨梧(背番号11)
サウジアラビア代表戦:59分 IN
オーストラリア代表戦:61分 IN
評価:C

 サウジアラビア代表戦、オーストラリア代表戦ともに30分ほどの出番に留まった。アウェイでのゲームは左サイドで出場するもなかなかボールに触れられず沈黙。ホームゲームでは動き出しの上手さとスピードを活かしチャンスこそ作ったが、最後の部分で少しもったいなさを残した。ただ評価はCとしたが、もっとプレータイムがあれば変わっていたかもしれない。

オナイウ阿道(背番号21)
サウジアラビア代表戦:73分 IN
オーストラリア代表戦:出場なし
評価:C

 10月シリーズ2試合は約17分間の出場に留まっている。当然、これだけの時間で自身の存在をアピールするのは難しく、残念ながら今回は印象に残らなかった。

【次ページ】MF

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top